« 定休日 変更のお知らせ | トップページ | 牡蠣のシーズン到来! »

2008年10月10日 (金)

秋の夜長のタルト作り

昔のレシピを思い出しながら久し振りにタルトを焼いてみました。

Apple Tart リンゴのタルトです。イタリア語でなら crostata di mele でしょうか?

材料   パートシュクレ(タルト生地) 120g バター100g 砂糖70g 全卵1個 アーモンドプードル100g 薄力粉20g カスタードクリーム70g リンゴ約2個

作り方   バターを室温で柔らかくしといて、砂糖をいれよく混ぜる。クリーム状になったら卵をといて少しずつ混ぜる。アーモンドプードルと薄力粉を一緒にふるったものを少しずつ混ぜ、カスタードも混ぜる。

タルト生地を伸ばして型にしき、フォークで少々穴をあける。混ぜたフィリングを入れて、中央あたりがすこし凹むように、外側の方へ広がるようにしてのばす。リンゴをカットして放射状、または縦に置いたりして一面に敷き詰める。砂糖を少々リンゴにふりかけ、190度位のオーブンで50分ほど焼く。そんな感じかな?

Photo

今回は紅玉を使ったので酸味が強い仕上がりになりました… その前につがるで作った方が自分としては好きかな?紅玉ならアップルパイの方が良かったかな?と思います。

あまりケーキ作りは好きでない自分ですが、タルトは何かしら好きです。なんでだろう、作り方がシンプルだからかな?タルト生地だけ作っとけば、気の向いたときやフルーツが手に入ったときにすぐ作れる気軽さが良いんだと思います。

昔アメリカの友人宅に行ったとき、そこの土地がAmish Countryだったせいか、素朴なタルトやパイが多くて結構はまりました。オールドファッションですが、あまり技巧に頼らず、作り手の気持ちがこもってて、そして誰しもが喜べる菓子が好きです。

ざっくりとした香ばしいタルト生地に、カスタードクリームを入れて、目一杯ベリー類をのっけたものなんか最高ですな。

またおいおい作っていきます。 それから、このブログを見てくれた方だけにこのアップルタルトサービスさせて頂きますのでこっそり「ブログ見ました」と言ってください。品切れの場合はご容赦ください。

|

« 定休日 変更のお知らせ | トップページ | 牡蠣のシーズン到来! »

MENUの紹介」カテゴリの記事

コメント

「ブログ見ました」配達でよろしく^^

ブログ始めてたんだね。
色んな事書いてるし、いっぱい勉強してる様で
素直に感心してます。
色々教えてもらう事もあると思うんで
その時はよろしく!!

いつもハーブ狩りの連絡ありがとうね。
今度バーニャソースでも持って顔ださせてもらうよ。

投稿: VENTO | 2008年10月12日 (日) 20時46分

サンキュー!初コメントありがとう!返信の仕方良く分からないけどこれで良いのかな?写真が重いとは分からずに調子に乗ってUPしてました…こちらこそいろいろ教えてください。また今度取材させてくださいな。

投稿: atuatutarou | 2008年10月14日 (火) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1087813/24393548

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長のタルト作り:

« 定休日 変更のお知らせ | トップページ | 牡蠣のシーズン到来! »