« ブレッド&サーカスとバッハマンへの旅 2 | トップページ | ギネス礼賛 »

2008年11月 6日 (木)

つわものどもが夢のあと。

アメリカでは8年続いた共和党の政治に今日、終止符がうたれた。バラク・オバマがアメリカ史上初の黒人大統領になる。ブッシュのやり方に国民がNOを突きつけた形となった。

Thankyou_banner1

対立候補のマケイン氏は、何か自分の義理の兄に似ていて(二人とも国防関係だったせいか?)、自分を上手く演出しきれない、ちょっと人が良すぎる雰囲気があった。副大統領候補のペイリン女史もなんかやっちゃった…て感じだったしなぁ。

それに対してオバマは最初から一貫としたイメージでもって国民に語りかけ、キリリとした表情で国民を魅了したように思える。圧倒的な勝利と、その後の勝利宣言はケネディ大統領をほうふつさせられる。

「国家があなたのために何をしてくれるかではなく、あなたが国家に何ができるか考えよう」とケネディは就任演説で話したが、暗殺防止の防弾ガラスで覆われた演説の席でオバマも同じような事を支援者に話した。“Change, Yes We Can !” 民衆はその言葉に酔いしれた。

なにか心配である。

日本にとってもアメリカの政権が共和党から民主党に変わると、いろいろな面でも変革=changeが出てくるだろう。輸出入問題は?拉致問題は?イラクは?またアメリカにかき回されるんだろうな。ハァ~。┐(´д`)┌ヤレヤレ

個人的にはオバマに勝ってほしかったし、なにかやってくれそうだ、という期待感がある。でも最初の期待感なんて当てにならない。今の日本の首相にしても以前は期待してたけど、いざ総理大臣になってみると「忙しくて漫画が読めない」だの「カップラーメンは400円位ですかね?」発言にアホか?と言いたくなる。首相やってる時くらい、漫画なんか我慢しろっつーんだ!良い年こいて未だお坊ちゃまなのかね?まさか殿様気分で日本を統治するわけじゃないだろうな?

それは置いといて、ブッシュ現大統領は今、どんな気持ちでいるんだろう?「やれやれ、やっと次の奴にタッチできるわい」だろうか?「チキショー、もっといろいろやりたかったわい」だろうか?ぜひ聞いてみたいところだ。国家予算を大いに使って戦争をおっぱじめ、株価も下げまくって、今回の選挙で民主党にまで負けて良いところなしのブッシュ政権だが、ここは「お疲れさん」と言ってあげたい気もする。なんせ憎めない顔してるもんな。

そんな所へあの小室がついに詐欺罪で逮捕されるというニュースも飛び込んできた。一時は100億とも噂された預金が逮捕時にはナント6000円位しか残ってなかったというのには、呆れたけれど、大いに同情する。以前に「日本で一番忙しい男」としてTVで紹介されていた頃は嫌みたらしくて好きではなかったが、ここまでになると「小室よ、お前も苦労していたんだな~」となんか情がわいてくるからおかしなものだ。

小室とブッシュ。二人の共通点は一度はてっぺんまで登りつめて、一気に落ちてく男の物語だ。そんな男達の哀愁に自分はとても惹かれてしまう。

|

« ブレッド&サーカスとバッハマンへの旅 2 | トップページ | ギネス礼賛 »

最近思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1087813/25062891

この記事へのトラックバック一覧です: つわものどもが夢のあと。:

« ブレッド&サーカスとバッハマンへの旅 2 | トップページ | ギネス礼賛 »