« コンビ解消 ふたたび | トップページ | 初物! タケノコが来る »

2009年3月30日 (月)

保育園 卒業の春

先日、長女の保育園の卒園式があった。

Dscf3474

最後の保育園までの道のりを歩く。

Dscf3437

式はいつになくおごそかに始まった。

Dscf3439

親と子が向き合って座る、という心ニクイ演出だ。やばい、俺が座ったらチョ~泣いちまうじゃんか… 壁に貼ってある園児の全身の絵は、各卒園児の実寸大なんだそうだ。ク~(´;ω;`)ウウ・・・

去年の卒園式に出席した人から「絶対泣くね」と言われていたので、あらかじめその前に映画「おくりびと」を観にいって、隣に人がいるのにもかかわらず久々に嗚咽をもらして泣いておいたので今日は大丈夫だろうと思っていたのだが…

式が始まり、娘の修了証書授与の際から、園長先生のお話の時、そして他のお母さんの泣き顔に誘われ、移動や退職される先生方の紹介の時、園児の歌の時、先生の歌の時と、計5~6回くらいは涙を流しながらビデオカメラを回していた。「おくりびと」効果全くなし!

Dscf3447

先生と最後のお別れの時。2年間担当してくれた先生だけに、思い入れは相当だったろう・・・ ありがとうございました。

Dscf3459

あらためて、保育園や幼稚園は子供にとって、親にとって無くてはならないものだと思う。長女は3才から保育園に通いだした。本当はもっと手元に置いておきたかったが、仕事や子育てからそういう訳にもいかず、自分の親からも「早く保育園にいかせた方が親離れするし、子供の為にも良い」と散々聞かされていたので嫌々入園させたふしがあった。初めての入園式のとき、娘は不安から泣いた。その顔を見て、自分が初めて保育園に行って、1日中泣いていた事を思い出し、即行連れて帰りたくなった。

Dscf3467

その後、娘はなんなく保育園に溶け込み、友達も出来て、元気に通うようになった。一つ下の太郎も一緒に保育園に入れたのも良かったと思う。初めての「社会」に子供達は飛び込み、親以外の大人に教わり、友人とのコミュニケーションで鍛えられ 、ずいぶんとたくましくなった。その分、自分たちは楽にもなったが、寂しさも味わった。そして自分たちも親歴6年を迎えたのだ。一緒に成長したんだ。

自分の事を振り返ると、小さい頃の記憶はどういう訳かあの時の保育園で大泣きしてた時から突然始まっている。雨がザーザー降っていた。親に半ば捨てられるように保育園に置いてかれた自分はこの世の終わり、とばかりにギャーギャー泣いていた。先生たちはそんな自分を廊下に放っておいた。しばらく経って、泣くことに自分は疲れた。泣いても仕方がない、と感じたんだろうと思う。そして立ち上がって自分から教室に入っていった。先生がいて、ギュッと自分を抱きしめてくれた。

Epson012

今はあの当時、親がどういう気持ちで自分を保育園に預けたのか分かるし、その後自分が保育園ライフを十分満喫した事を考えると、あの時の親の選択は間違ってなかったんだと思う。初めて娘を保育園に連れていった時、年配の先生が自分が保育園だった時の先生だったらしく、自分を覚えていたのには心底驚いた。恥ずかしながら自分はすっかり忘れていた。そこまで愛情や情熱をこめて子供たちを見てくれているんだよ。

ちょうど一年前に園長先生や、保護者会の方から「理事をやってくれないか」とのお願いをされ、自分は「俺になんか出来っこないョ、仕事もあるし、立派な親じゃねーし」と内心不安な気持ちで引き受けたのだが、先輩の理事さん方からのサポートを受け、楽しく理事の仕事を送る事ができた。意外に他の会の仕事よりよっぽどやりがいと楽しみがあった。会長さん始め、三役の理事さん達には公私共々お世話になりました。ありがとうございました。また、他の理事さんたちや、その旦那さんがたにも色々手伝ってもらって頂きありがとうございました。

子供がお世話になったお礼というわけでもないけれど、来年は保護者会会長としてもっと頑張らないといけないな、と思う。

家に戻ったクウには素敵なプレゼントが用意されていた。待ちに待ったランドセルだ。

Dscf3477

親子共々、迷いに迷って選び抜いたブルーのランドセルだ。

Dscf3482_2

見た目まだブカブカのランドセル。これから6年間お世話になるんだなぁ…(´Д⊂グスン

Dscf3486

太郎が大いに羨ましがったので太郎にもランドセルを背負わせたら、太郎の方がサイズ的にぴったりだったのには笑えたhappy01

|

« コンビ解消 ふたたび | トップページ | 初物! タケノコが来る »

こども」カテゴリの記事

コメント

幼稚園、小学校、中学校、高校、専門学校と卒業式に一度も泣いたことなんてなかった。(中学の時冷たい奴と思われるのが嫌で泣いたふりを少ししたけど)
母親がおいおい泣くのをみて、なぜお母さんが泣くのかおかしかった。親になって少し気持ちがわかるようになりました。卒園式の親の涙、ひとつではなくいろいろな理由の涙なんでしょうね。

投稿: kero | 2009年3月30日 (月) 01時27分

クウが生まれてもう六年経ったよな。あっという間の六年だった。しかもまだこれからが本番だし。いろいろ苦労する事が多いと思うけど、また一緒に成長していきましょう。とりあえずお疲れ様。

投稿: atuatutarou | 2009年6月12日 (金) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1087813/28867682

この記事へのトラックバック一覧です: 保育園 卒業の春:

« コンビ解消 ふたたび | トップページ | 初物! タケノコが来る »