« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月21日 (火)

ひるさがりのしおひがり

休日、河岸で買い物をした帰り、じーじの家に行く。

太郎を連れてじーじと島郷の浜辺に行って少し早目の潮干狩りをする事とした。

Sn3a0226 

あまり知られてないことかもしれないのだが、去年の初夏、この浜でアサリがどっさり獲れたのだ。三女のメイは大の貝好きなので、今回もアサリを持って行ってやろうかと考えたのだ。

Sn3a0211_2

今日の天気は暑い位に気持の良い晴れ日。お昼に最近お気に入りの四国のうどん屋に行って釜たまうどんをかっこみ、いざ海辺へ。

Sn3a0207

スコップなどで波打ち際の砂を掘り起こす。運良ければ10センチほど掘ると小判が…違った、アサリがざくざく出てくる寸法なのだが…

Sn3a0216_2 海は昨日の雨のせいか少し荒れていて波が高かった。海水はまだ冷たい。太郎は「気をつけろよ」とあれほど言っておいたのにも関わらず速効ずぶ濡れ。ものの5分でパンツ姿になる。鼻水を垂らしながらも夢中で砂とたわむれる。こういう遊びの方が太郎には良いのだ。公園とかで他の人に気を使いながら遊ぶよりもね。

化石を発掘するかのようにスコップで少しずつ砂をかき分け、小石を避けながらアサリを探す。小石なのか、アサリなのか一瞬見間違う事もあり、時折舌打ちしながらアサリを探す。少し乾いた場所には小さい穴が開いている。アサリの水管が開けた穴だ。そこも掘ってみる。しかしジージが「今日は潮が悪いわな~」と言う通りなのか、アサリが全く見つからない。

Sn3a0225 腰をかがめての作業なのですっかり腰が痛くなってきた。途中休憩して辺りの浜辺を歩く。

Sn3a0221 Sn3a0222

Sn3a0219_2 Sn3a0217

いろいろな物が流れ着くもんだ…

Sn3a0229

およそ一時間ほど掘ったが今回はこの程度しか獲れなかった。次回にリベンジするため、全て海に帰すことにした。

すっかりずぶ濡れになった太郎の服を乾かす間、じーじと太郎はふざけあう。

Sn3a0232_2 Sn3a0234

Sn3a0235

アサリはとれなかったが、太郎には久しぶりにじーじを独り占めできて楽しい休日になったようだ。( ^ω^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

春 しあわせの入学式

娘の入学式だ。

Dscf3692_3

ご近所の同級生と一緒に仲良く登校する。

Dscf3645

式が始まる。保育園の時とは違う厳粛な雰囲気にのまれ、「国家斉唱」を身を固くして行う。久しぶりの国家斉唱で体にピンと筋が入ったようだ。

Dscf3661

式終了後の記念撮影。

Dscf3673

かつて自分が通った小学校ではないが、広い校庭と遠くに望む箱根山、青い空に白い雲は少年の頃の記憶をいとも簡単に呼び起こす。

保護者の中に同級生や知った顔がいて、その中に自分の初恋の人も立派なお母さんになって子供を連れていた。早熟の初恋は保育園の時である。ややもすればはずかしや。゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

Dscf3694

この時期いろいろな所でたくさんの子供とその保護者達が入学式を迎えているのだろう。晴れがましく、ちょっとの不安と淋しさ、そして未来への大きな期待感と喜びが日本中を包み込んでいる。僕らもそんな大勢の中の一組だ。

| | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

山北 桜まつり

久しぶりの御殿場線だ。缶ビール片手に乗り込もう(◎´∀`)ノ。

Dscf3528

御殿場線の上り線で20分位の所に山北駅というひなびた駅と町があり、毎年桜の時期は沿線ぞいに桜が咲き乱れ、非常に人気のある観光スポットになる。それ以外はホント、ひなびた、さびれた(失礼!)、のどかで静かな駅なのだが…

Dscf3557_2   

自分は結構この駅や商店街が好きで良く行く。駅近くには町営の温泉施設とプールがあり、400円位で入れるものだから非常にありがたいのだ。温泉は天然温泉ではないのだが、長万部の二峡温泉の石を使っているので、お湯が炭酸カルシウムを含んでおり、体が良く温まる(チト熱い)。

Dscf3536_2

以前にこの沿線を舞台にした映画の脚本らしきものを書いた事があって、久々に列車に乗り込み、流れる景色を見ているとあの時の自分がよみがえってくるようだ。もう15年も前になるのか…その時の景色と現在ではやはり微妙に変わっているようだ。道路が通り、古き良き建物は新築、移転しており、自分がロケハンでここを使おうと思っていた田圃はあとかたもなく無くなっていたりする。

Dscf3541

小山駅の線路脇に見事な八重桜が一本、その姿を変えずに今年も咲いていた。

Dscf3556_2 山北駅に到着。Dscf3557_3

駅の外に出るとレトロワールド満載の建物が見える。

Dscf3581

美容室らしいが、町のコミュニティの場としても活用しているみたいだ。英国ならこういった場所がすぐパブになったりするんだよナ… 建物的に非常に気になる所だが、ここでアイリッシュパブをやってもお客さんがくるかどうか…なんてバカな事をすぐ考えてしまう。

Dscf3560

祝 駅開業120周年! ということで、お決まりのポーズを太郎にさせる。

Dscf3562

お抹茶のふるまいもやっていた。一席200円でお菓子と抹茶がつく格安サービスだ。お茶好きの母親と娘二人がさっそくお茶を頂く。お菓子は桜まんじゅうで、以前食べた松江にある「風流堂」の朝汐に似た味わいでたいへん美味しかった。

Dscf3567 Dscf3566

せわしない毎日の生活の中で、こんなホッとした一時があると心が和むよなぁ。

Dscf3570

この日は駐車場でイベントをやっていた。人出がすごい!

Dscf3571

丹沢鹿の串焼きなんてのも売っているじゃないか。

1本250円なり。酒がすすむのう…(◎´∀`)ノ

Dscf3572_3 特設ステージでは演奏や歌、ハワイアンなどの催しがあった。日本人はなぜかハワイアンとフラメンコ好き。

Dscf3620_2 決して花より団子、ではないので小川沿いに咲く桜の小路を散歩する。桜は今が満開だ。

Dscf3622 Dscf3625_2

Dscf3630

線路にまたがる橋の上でカメラを構える人々。ここがベストポイントか。

Dscf3631_2

↓夜にはライトアップされてこうなる (夜もわざわざ行った暇な奴)。

Dscf3721

山北の桜まつりは小さいながらも町や商店会、観光課ががんばってイベントを盛り上げている気がした。のんびりとしていて、商売にはきついかもしれないが、静かで自然と調和した住環境は落ち着いて暮すのには良いと思う。この沿線沿いに町営住宅があったので、一時真剣にこちらに住む事も考えたくらいだった。

Dscf3713

もう来週には桜は散りはじめるだろう。このはかない命を確かめるように僕たちは何度も足を運ぶに違いない。

山北 桜まつり↓ http://www.town.yamakita.kanagawa.jp/kankou/matsuri/sakuramatsuri.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

初物! タケノコが来る

沼津のじーじが以前に働いてた職場の山からタケノコを掘ってきた。

Dscf3600

竹林の中を二時間探しに歩いて、まだ土の中にある竹の子をようやく探しあてたのだそうだ。ベテランのじーじさえ、今回の収穫は三本のみ。それをわざわざ御殿場までもってきてくれた。お初もお初のタケノコだ。

去年は一緒にタケノコ掘りに行ったが、その時は20本くらい掘って、その場で皮や余分な部位は切り取り、家に持ち帰って早速下茹でした。やはり市販や缶詰のものとは大違いで、どことなくトウモロコシの茹でた匂いがして、甘みというか旨みがあって大変おいしいのだ。それを炊き込みや煮物、ステーキなどにして店で使わせてもらった。保育園にも持って行って園児たちの給食に使ってもらったなぁ。

Dscf3599

今年は旬になるまでどのくらいだろうか?今年も掘りに行くつもりだが、じーじばかりに任せてはいられないから今年は自分メインで掘らないといけないな~。次の日の体の調子が気になるが、がんばらないと。

この日のタケノコは早速宴会のコースの一品と、あとは家族とスタッフで消費してしまった。じーじに感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »