« 麦のかほり よなよなリアルエール | トップページ | Song for Michael Jackson »

2009年6月28日 (日)

温泉へGo! 白い砂浜と千人風呂

6月になって、梅雨の時期が始まる前にどうしても下田に行きたくなった。

結婚する前は御殿場のアシカ君だったので(トドとも言う)、下田に朝早くから行っては波乗りをしていた。ショートは若い時やって才能がないのが分かったので、下田のタタドヘブンを友人の山下に紹介してもらい、ボディボードに転向してからは波乗りの楽しさに夢中になった。とにかく一番早く波を捕まえるために、ロングがいる沖合まで移動して必死こいて波を捕まえていた。さぞかし嫌なボーダーだったろう。

でも波の上ににいると、不思議に店の事やその他の悩み事をすっかり忘れている、というか何も考えていない自分がいて、けっこうなリフレッシュになったのだ。道具やウェットなどを最初に揃えてしまえば、あとは実質ガソリン代くらいしか掛からないで一日遊べるから海は良い。貧乏人向きだ。失礼!(*_ _)人ゴメンナサイ

子供が生まれてからはさすがに一人だけで朝早くから出かけられず、家族で行っても思うように波に集中出来なくて、だんだんと遠のいてしまった。よくインドアフィッシャーマンと言うが、自分の場合はインドアボーダーになってしまった。陸サーファーよかよっぽど情けない。

でもともかく行こう。店の定休日は平日なので、小学生の娘がいると日曜しか行く機会がない。なので日曜に昼間はお休みして出かける事にした。帰ってから夜の仕事があるので大急ぎで出掛ける。こういう時、土日が休みの仕事が一瞬羨ましくなる。

時間短縮の為、ETCを使って沼津へ。350円か?安い。でも使わなきゃタダなのだが。

沼津から三島へ出て、伊豆中央道を行く。ここはETC割引なしなので200円、200円で修善寺へ。そこから一般道で天城ごえして下田に向かった。

Dscf4261

多々戸へ。ここを曲がるときはいつもワクワク、ドキドキしてしまう。

Dscf4263

久しぶりの白い砂浜と青い海、波の音に頭がクラクラする。

Dscf4266

海に面してすぐ駐車場がある。いつもは無料だが夏休み期間中は1500円の有料。公営のシャワールームもあるから便利なのだが、その分すぐ駐車場は埋まってしまう。すぐ近くにコンビニはないけど海の家や自動販売機はある。サーファーご用達の浜なので、ちょっと柄の悪そうな兄ちゃん姉ちゃんもいるけれど、ローカルオンリーみたいな雰囲気はない。自分もローカル面で行くし。

Dscf4274

近年いくぶん汚れてきたと言っても、まだまだこの透明度の高い海と砂浜は健在だ。この海のために3時間かけて来ても悔いはない。

Dscf4277

カモメもやってきて波とたわむれる。

Dscf4282

水はまだ若干冷たい。こども達は夢中で砂遊びにふける。自分はボードを持ってこなかった事を非常に後悔しながら仕方なく一緒に砂浜にトンネルを掘る。

Dscf4278 Dscf4281 ワニです。

Dscf4286

あまりにも気持の良い砂なので子供を埋めてみた。Dscf4287

こういうことが出来るのもこの砂浜ならでは。子供も喜んだ。

あっと言う間に2時間が過ぎて、腹が減ってきたので撤収する事にした。

Dscf4301

前々から気になっていたとんかつ屋さんへ Go!

Dscf4292

すごいボリューム、と言いたい所だが、ちょっと値段が庶民的ではなかった…(´・ω・`)ショボーン とても子供の分まで注文できず、子供は隣の姉妹店?からピザをオーダーしたくらいだった。 味は良いのに、盛り付けやその他が“今風”でないので勿体ない気がした。

提供の仕方や、切り口、サービスの仕方しだいでいくらでも変われるのが今のフードビジネスのすごい所でもあり、軽薄でズルい所でもあるのだけど… まぁ自分の所も叩けばいくらでもホコリが出るので、“他所の店見て我が店直せ”っちゅー事か。

そして金谷旅館である。http://homepage2.nifty.com/kanaya/

Dscf4306

江戸時代より130年もの長い間続く温泉旅館だ。自家源泉、弱アルカリ性の温泉は飲用も出来るとの事(飲泉場は無い)で、古くから多くの人に愛され、TVでも何度か紹介されている。

Dscf4308 Dscf4309_2

立ち寄り入浴料は平日が700円、土日は1000円。子供は500円くらいだったと思う。宿泊は縁がないので聞いた事はない(15000円~25000円 HP調べ)。Dscf4312

これが噂の「千人風呂」だ。深さがけっこうあって、海で疲れた体をほぐすために泳ぐ事が出来る(泳ぐな!(`Д´))。ちなみに千人風呂とは例えであって、実際に1000人入ったら死ぬぜ。中国3000年と一緒だからな。

Dscf4314_2 奥の「ぬる湯」が一番のお気に入り。沢の水と一緒になっているらしく、森の香りがする。ぬるい、というか時にはひやっとするほどで、最高2時間は入っていられる。ちなみにここは混浴heart01。以前に何回か女性が入ってきた事もあり、こっちが緊張&怒張した。平日だとカップルで入ってくる時もあるので、独り身には辛い時もある。ただ、湯気がたちこめて良く見えない時もあるので、こうした ひなびた雰囲気の混浴温泉場はぜひ残していただきたい。女性風呂もちゃんと 綺麗なヒノキ風呂があるので無理して混浴する必要はないし、混浴目当てで男が群がるのはいただけない。

さ~帰るぞ~ 仕事だ~・・・・・(;´д`)トホホ…

Dscf4294

トンカツ屋さんの近くの空き地にて。 夏はすぐそこだ。

|

« 麦のかほり よなよなリアルエール | トップページ | Song for Michael Jackson »

温泉へ Go!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1087813/30151442

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉へGo! 白い砂浜と千人風呂:

« 麦のかほり よなよなリアルエール | トップページ | Song for Michael Jackson »