« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月28日 (金)

今週のデザート

  
こんにちは☆
  
スタッフのますみです(●^∀^●)ノ
  
今週のデザートは、『黒ゴマと白ゴマのブランマンジェ』です。
  
  
ブランマンジェ特有の優しい口当たりにのって、お口の中に濃〜厚なゴマが広がります☆
  
ゴマはカルシウムが豊富ですので、イライラ防止に繋がると思います♪
  
調べてみたら、黒ゴマに含まれているアントシアニンは、ワインにも入っているそうです。
  
当店ではマスター厳選の美味しいワインを色々用意しております☆
  
その中から1本ご紹介いたします♪
  
  
ルーマニアの『クロ・ビュザオ・ピノ・ノワール』
  
こちらはグラス売りになります。
  
濃厚な果実味と爽やかな酸味のバランスが良く、比較的サッパリとした口当たりになってます。
  
ど〜ぞお楽しみ下さい☆゜.。・.。☆゜.
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

今週のデザート

  
こんにちは☆
  
スタッフのますみです(●^∀^●)ノ
  
今週のデザートは、『日向夏(ひゅうがなつ)のナッツケーキ』です。
  
  
クルミとピーカンナッツを入れた どっしりとした生地に、
  
日向夏で作ったマーマレードをたっぷり入れて 甘酸っぱさと爽やかな香りを加えました☆
  
ケーキのコクと甘味を引き出すために、添える生クリームは砂糖不使用です♪
  
  
オレンジピールが入って爽やかな香りがする ベルギーの『ヒューガルデン ホワイト』と合わせてお試し頂くと面白いかもしれません(^^)ノ
  
  
masupedia...
日向夏は今が旬な、果肉がジューシーで、ユズに似た香りと上品な甘味が特徴なフルーツです。
九州では日向夏、四国では小夏、伊豆ではニューサマーオレンジと呼ばれているそうですφ(@ω@)
 
(写真提供:"静岡県のグルメ情報 グルメ@S 伊豆の“食”紀行"さん)
  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

GW,ドコイク? カナディアンファーム

GWを使って、男だけのむさい三人衆で出かけた。

場所は八ヶ岳、原村にある「カナディアンファーム」だ。

Img_1018

以前に「TVチャンピオン」で丸太を使って何かをつくるの部?で見事優勝した丸太のオッサン、ハセヤンが経営するケベック料理と丸太小屋のお店だ。

二十歳の頃に初めて行って、衝撃を受けたお店の一つで、その頃からむさ苦しくも、ダイナミックな店作りに憧れていたのだ…

Img_1001 素晴らしく、気持ちの良い五月の天気。窓を開け、風に顔を当てながら走る。

家族たちを連れてくれば良かったな~と思いつつハンドルを握る。

はせやんの店の途中に前回も行った「カントリーキッチンベーカリー」があるので、腹も空いたし寄るか?ということになったた。

Img_0992

この時期、この辺はまだ桜が咲いていた。それだけ寒いってことだ。

Img_0994

カントリーキッチンベーカリー。隣のレストランの前オーナーが自分たちのレストランで出すパンを焼きたくて、スペインの石窯を取り寄せ、わざわざ建てたベーカリーだそうだ。現在は民間の会社が経営している。それでもここにはこの場所でしかない魅力を保っている。来る度に「あ~俺、こういう店やりて~」と切望してしまう。

Img_0995 オープンキッチンのような場所にある、こじんまりとした石窯が静かに、いつものように自分たちを迎えてくれた…のだが…

Img_0996

で~!! パンが全部売り切れ!!!(゚ロ゚屮)屮

土日や、特にこのGW中は予約しておかないとパンにありつけないそうだ。甘く見ていた…GWの人出を…今予約すると二日後になるそうだ。そんなに待てねぇ~!

仕方なく、たけひろが買った黒コショウ入りのチーズを三人でちびちび食いながらハセヤンの店を目指す。

Img_1004_2

Img_1003_2 

カナディアンファームの入口だ。カントリー調の外観は全然嫌いじゃない。ワクワクする。

Img_1007

ここも人で賑わっていた。僕らはこの二階部分で食事をすることにする。Img_1005

Img_1024

前回来た時には無かった子供の遊び場が新調されていた。すべて「ハセヤンと陽気な仲間たち」の仕業であろう。

Img_1006 外にこしらえた屋根つきのキッチンと石窯。ハセヤンとフランクな外人が料理していた。

Img_1015

Img_1016 自家製の燻製。スモーク、などと言わずに燻製、という方が合っている、まさに冬の間の保存食だ。

ここでは時間がゆっくり流れている。料理も運ばれてくるまでしばし待たれよ。

Img_1008

Img_1012

一階部分にある、レストランスペース。ここで食べた事はないが、アイルランドの田舎にでも来たのか?と錯覚するほどの石造りの重厚な雰囲気だ。ここもすっげぇ好きな空間だ。

Img_1035

料理が運ばれてきた。骨付きチキンの石窯ローストだ。燻製セットにしてハセヤンのスモークサーモンも楽しむ事にする。セットにはスープ、パンがつく。他の二人はそれぞれスモークビーフのローストと、サーモンのステーキのセットを頼んだ。他にも石窯ハンバーグなど、色々メニューがある。価格は自分のが2800円位、スモークビーフにいたっては3000円超と高めである。冬は雪でクローズになるだろうから、春から秋口までの営業だから高めの設定なんだな、と三人で勝手に想像して話し合っていたら、働いているオネーさんから真冬も営業してると聞いて驚いた!なんだ、じゃあしっかり商売してんジャン!

Img_1036Salmon Steake

Img_1038 Img_1037

ナント! ここでもパンが売り切れで、黒米ごはんが出てきた。別に好きだから良いけど、今日はなんだかパンにありつけねーな~(´・ω・`)ショボーン

スープはニンジンと玉葱のポタージュみたいだが、どこぞのレストランみたく、濾して生クリームと合わせて、じゃなくて煮込んだ野菜をジューサーで一回かき回しただけ、みたいな感じで滋味深く、大変美味しかった。ここらしさが良く出ていた。

せっかくだから、ということで燻製盛り合わせ(二人前)も頼む。

Img_1026_2

ハセヤンが直々に燻製をかついで持ってくる。まるで棍棒をかついだ原始人の容貌だ…なんか横顔だけは10年後の俺みたい… 

Img_1031_2

Img_1032

手前が燻製盛り合わせ2人前(たしか1800円)、奥がセットのサラダ。二人前で注文したが、ハセヤンよりサービスで、やや多めにカットして頂いた。名物のサーモンを中心に生ハム、チョリソ、ベーコン、サラミ、イノシシ、鹿などのハムだ。盛りつけは決して綺麗ではないが、豪快かつ、素朴な感じの一皿だ。味はとてもビールが飲みたくなる。

食事が済んで、身も心も満たされた僕ら三人衆はカナディアンファームの広い敷地を散策する事にした。

Img_1053_2 Img_1054

Img_1042

Img_1045 ゲゲゲの鬼太郎ハウスみたいのがあったから覗いてみると・・・Img_1049

中は燻製小屋だった。

ものすごい量の肉がぶらさがっていた。

Img_1051

Img_1044 Img_1043

今にもぶっ壊れそうなアスレチックの家を建てておきながら、「あぶないよ~けがするよ~」と書いたフザケタ看板。しかしそこにハセヤンの子供教育に対する考え方が分かるような気がする。そーだな、やはり「わんぱくでも良い、たくましく育ってほしい」なんだな。

夏の間、子供たちを預かってサマーキャンプが行われるそうだ。料金は一泊7000円位だと聞いた。大抵3日間位のカリキュラムらしい。ウチだとクウと太郎を連れてったら、すぐ5万円コースになっちまう…(;´д`)トホホ… それでも一度は連れていかせたいと思った。

ってな事を考えながら歩いて行くと、いつのまにか境界線が切れていたらしく、よその方の土地に出てしまった。

Img_1056

木立の中の一軒家。周りには何もない。青空の中にすくっと建っていて、非常に素敵な環境だった。

渡辺篤史にぜひ取材してもらいたい!

近づいてみると、初老の夫婦とみられる方に会った。気さくに話に応じていただいた。

Img_1057

名前を伺うのを忘れてた!どーもすみません。

とつぜんお邪魔したのに対応してくださってありがとうございました!

ここは自分にとってひとつの到達点だと思った。お二人とも仲が良さそうで、自分達夫婦も子供が大きくなって家を離れたらこういう感じになりたいなと思った。それには家、というものがどんなに大事なものか痛感した。

この後、オススメのパン屋を紹介してもらって、この日、ようやくパンにありつく事ができた。

Img_1060

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

足柄ノ畑ニ居リマス~④ 土作り脱出への道

すっかり田んぼ状態になってしまった我が畑。

なんとかしようと思い、公園の管理人さんに相談してみると、他の空いてる畑を掘り起こして水はけを良くする工事を最近やったんだそうだ。

これは聞き捨てならない話だ。ウチの畑もぜひ掘ってもらいたいと泣きつくと、小山町の役場へ連絡してくれた。役場へ行く事にする。

Img_0954

御殿場市の隣、小山町の役場だ。御殿場の役場と違って非常にコンパクトな、つつましい佇まいなんである。

Img_0953 Img_0951_2

玄関を入ると、金太郎とクマがお出迎えしてくれる。足柄山の金太郎は小山説と南足柄説があって、両者とも譲らないのだが…自分は両方行ってみた感じからすると、どうも小山町さんには申し訳ないのだけれども、南足柄の方にやや軍配があがりそうな気がする…(*_ _)人ゴメンナサイ

でも良いのだ!ここ小山町役場にはクマがいるじゃないか!金太郎と相撲をとったクマは小山出身なのだ!って事にしとこ~。

農林課に話を聞くと、県の工事なので何とも言えないが、水はけは確かに良くないので、順次畑を掘ってくれるそうな。 じゃぁユンボが来たらすぐ行かなくちゃ!「ここ掘れ ワンワン!」ってな。

そしてGW明けに土の掘り起こしが始まった。

Img_1073

50センチ程(浅!)掘ってもらって、粘土状になってしまった土をバラバラにする。

Img_0948 Img_0947

役場が用意してくれた砂(スコリア)を一輪車で運び、畑にまいて土と合わせる。

Img_1134 Img_0787

良い感じになってきた!

Img_1136 耕運機で混ぜていくのだが、これが結構力の要る仕事で、耕運機に振り回されながら耕していくのだ。

つくづく、農作業は若い人の仕事なのだ、と思った。

それなのに日本の農業に従事しているのは高齢者の方々が殆どなのだ!これっておかしくね?

Img_1145_2 すっかり整地された感じの畑になった。根っこや石を取り除く。

そうしている内に、土から何かが出てきた。

Img_1140 Img_1142

カエルだ!

冬眠からむりやり起こされたのか、寝ぼけているような顔つき。カエル好きの順子は大喜び!

Img_1143_2                                                                                カエルはImg_1144_2 順子の手の中でおとなしくしていたが、池に放してやると突然目が覚めたらしく、慌てて草むらの方へ泳いでいった。 

Img_1146

Img_1148 マルチングシートを張るのってなかなか難しい。

Img_1133

植え替えの出番をまつ苗達。

ナス、トマト、ピメント、オクラなど。

種子は枝豆、ルッコラ、大根、ニンジンなどだ。

Img_1150

なんとか一回目の苗を植える事が出来た。

自分の畑作りのイメージは、水はけが良く、あまり肥料や水を過度に与えないで、野菜の味を濃くする土作りにしたいと考えている。

まだまだやることがいっぱいで、身体が追いついていくか不安だ。

次の日は体中が筋肉痛になってしまったよ~。

帰りはご褒美として、市役所の近くに新しく出来たインド(ネパール?)料理屋でスパイスの利いたマトンカレーを食べた。ナンが美味くてお代わり(無料)して満腹になった。

Img_1155

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

GW、ドコイク?

天候も良かった今年のGW。今年は長い人で6~7連休だったろう…

Img_0831_2

五月に入り、ようやく春の温かさが御殿場にもやってきたようだ。農家ではこの時期田植えで忙しくなる。

Img_0832_2 Img_0838

GW期間中,子供たちはほとんど休み。自分は仕事。昔、親が「休みになると子供がいて困るよ~」とぶつぶつ言っていたのを思い出す。 たしかにそうだわ。┐(´-`)┌

そんな事言っても仕方がないので、つつましき生活ながら我が家も仕事の合間をぬって、出かけてみた。

Img_0839

小田原にある、わんぱくランドだ。ここは御殿場からは箱根を越えて行くと近い、と思う。(しかし箱根が混んでたらアウトだが) もしくは松田ICから小田原へ抜ける方法もある。

Img_0840

Img_0876_3 入場料は無料。

駐車料金も去年までは無料だったが、4月に設備を増設したせいか、500円となっていた。

園内を電車(遅っせー)が走り、子供向けのアスレチックや乗馬が出来る、とあって親が楽できる、なかなかの人気スポットだ。

しかしこの日はメチャ混み。駐車場待ちの車が300メートルは優に並んでいた。アスレチックにほど近い駐車場が混んでいるようだ。Uターンして第一駐車場に入れた。

Img_0841_2 

ポニーに早速乗ってみる。料金は300円。ちゃんと付き添いの方がついてくれるので、小さい子も大丈夫だ。ウチの子は3歳から乗った。

Img_0846 Img_0854

Img_0857

残念な事にレストランなどがない。小さい売店があるのみなので、弁当を持参してくる方が殆どだ。野原やベンチなどがあるので、ピクニックがてら来るのが良い。

ウチらは箱根の湯本駅近くにある「麦師~むぎし」のパンを買って持って行った。

Img_0859

あんまりピクニックに向かないパンばかり買ってしまった… ここのパン屋の接客はあまり好きではないのだが、時々買いにいく。個人的にはクロワッサンが美味しいと思う。ちゃんと層が立っていて、ざくっとした食感がすばらしい。

ここは伊勢原にある「ブノワトン」という有名店のオーナーが湘南小麦をメインとした和風の総菜パンとして新たに始めたお店だ。ここのオーナーは近頃亡くなったと聞いた。志半ばで逝ってしまった事へ同情する。本店は閉められたそうだと聞いたが、残念だ。

Img_0869

アスレチックの上部にトランポリンのような遊び場があり、子供たちに人気絶大。親たちは我が子が人様の子にぶつからないかハラハラして見守るのだ…

Img_0866_2

Img_0867

何気に高校からの友人と、その息子(航平 4歳)に会う。考える事はみな同じか~。英克、たまには店に来い!

Img_0887

最近、小学校に上がった太郎がなかなかのお兄ちゃんぶりを発揮している事がうれしい。ヨシヨシ、そのうち何か褒美をつかわすぞョ…( ̄ー ̄)ニヤリ

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

今週のデザート

  
こんにちは☆
  
スタッフのますみです(●^∀^●)ノ
  
  
「私のタルトを盗んだのは誰?」
  
By,赤の女王(不思議の国のアリス)
と言うことで【今週のデザート】には、
  
『いちごのタルト』をご用意いたしました。
  
  
赤の女王に首をハネられないように(笑)、いちごを贅沢に使いました♪
  
また、生地にはアーモンドをたっぷりと加え、ザックリとした食感に仕上げています☆
  
それから、『カスケード・エビス』復活しました☆
  
ファンの方々には大変お待たせいたしました〜!
  
普通のエビスとは違ったキレと香り、そして この見た目はまさにワンダーランド☆
  
意味不明の方もご覧頂ければ納得されると思います♪ぜひお試し下さい☆(-∀・)
  
アリス・イン・ワンダーランドも面白かったですョ〜予告編貼っておきます↓
  
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

足柄ノ畑二居リマス~③  あっちゃ~!!

四月はホント、雨が多かった。

何日も雨の日が続くし、寒いし、異常気象なんじゃないかと思っていた。

Img_0729

休みの日も雨だったのが、畑を耕さなきゃいかん、と考えてワークマンに達也と行き、合羽を買い込んだ。

Img_0731 Img_0736

畑にはだれも来ていない。

倉庫から耕運機を出し、雨の中、畑を耕した。

それがとんでもない事になるとはつゆ知らず…(・_・)エッ....?

その日はずっと雨、次の日も雨で、その後晴れたので畑に行ってみたら…

Img_0739 あちゃー(´・ω・`)ショボーン

畑がまるで田んぼのようになってしまった。

なんでもこの畑、もとは田んぼだったらしく、土が粘土質なんだそうだ。

それ以前に、雨の日には土は耕すベカラズ、なんだそうだ。

そーか、だから 「晴耕雨読」 って言葉があるのか!Σ( ̄ロ ̄lll)

何気に言葉ばかり覚えていても、何も役に立っていないじゃねーか!凸(`Д´メ)

どっちにしてもこの状態じゃ、この畑、水はけが悪くないか…?

とにかく、これじゃしょうがないので、管理人さんに聞き、水はけを少しでも良くするためにまたもや買い出しに出かける。砂だ。砂が必要だ!

Img_0741_2 Img_0746

川砂とパーライトというのを購入して撒く。しかし砂が足りん!!

Img_0742

ふと周りを見回すと、そうだ、川がすぐそこジャン!

Img_0745 河原に下り、砂をすくって袋に詰め、畑に持ち込むのを数回繰り返す。

Img_0749 Img_0750

苦土石灰、有機石灰も一緒に撒く。まるで花咲かじいさんのように…

Img_0748 そしてまた、耕運機好きの達也が耕す。

Img_0752

                        終わったらちゃんと洗いませう。

Img_0753

2時間ほどかけて、なんとか田んぼグッチャリ。の状態からは脱出できた。しかし予断は許せない。この後仕事もあるし、GWに入ったらお互い忙しくなるので、しばらく様子を見ましょう、という事に落ち着いた。←もうすでにイヤになっている。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »