« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月23日 (水)

Day by Day

最近までの出来事をコラージュ風に記してみました…

Img_1428_3

6月8日_。

農園の野菜もすっかり育って畑らしくなってきました…

こども達にも収穫のお手伝いをさせました。

Img_1369_5 Img_1329_5    

普通にラディッシュが出来るなんてちょっと不思議&素敵…。

-------------------------------------------------                                    

Img_1424_3 

6月10日_。

イタリアのトスカーナ地方のパンを作りました。このパンは塩がほとんど入りません。その昔、塩が貴重だったり、またこの地方の料理が塩辛いことから、などの説があるそうです。発酵種法でつくりました。出来上がりは目の詰まった薄味のフランスパンって感じになりました。カナッペに使ったり、タコのトマト煮なんか乗せるのに丁度よいかも。

-------------------------------------------------

Img_1435_2

6月13日_。

古くからの友人でもあり、お馴染さんでもあり、その上ギターの名手、クボケン(42)が今回「自ビール」を作ったとの事で、ぜひウチでも試飲をしたい、とボックビールとピルスナー併せてを40本!近く持ってきたので、早速めぼしい人に声をかけて試飲会。1本の原価は50円位だそう。懐かしい。自分も以前に一生懸命作って失敗したよな~、と思いながら飲む。

Img_1434_2 Img_1432

セレブ人妻達とサム。なかなか無い組み合わせだ。サムは調子にのって馬鹿飲み。「旨い旨い!」って飲みすぎだろー!ボックはバスペールエールをさらにまずくした感じ(失礼!)だったが、これも良し。ガンガン飲んでると、まずさの中から旨さが表れる。開口 健が言ってた「量はある一定を超えると質に転化する」ってこの事か!ピルスナーの方は絶品だった。

「自ビール」、ニュージーランドやアメリカでは熱狂的なファンがいて、ホビーとして市民権を得ている。日本ではアルコールが一定を超えると「後ろ手にお縄」状態になる。クボケンjは言う。「何が入っているか分からない最近のビールより、自分で吟味した材料で、安全でしかも安く作れるんだから」確かにそうだ。いろいろな人がいろいろなビールを作って、皆で楽しむ時代が来たら楽しいのにな!コンペティションとかやって、優勝者にはシーベルに行かせるとか、醸造所めぐりのツアーをプレゼントするとか。そうやって文化の底を上げていくんじゃないのかって!

その後、クボケンは大酔っぱらいになって帰りが大変でした…

あ!そうそう、明天のオーナーさんも来てくれたな。勝呂さん、バーベキュー27日と勘違いしてました!行かなくてすみません!!又一緒に飲みましょう!

-----------------------------------------------

Img_1498

6月14日_。

今日で熱々は15周年。いや~我ながら良く続いているな… 今までやった仕事では一番長くなりました。今日は休日、午前中に畑に行き、その帰りに乙女森林公園を視察。なんでも石窯があるとかで、知り合いの方から「そこの石窯でなにか出来ないか?」と振られ、「じゃ、見に行こう!」と相成ったわけです。

最初、知らずに乙女森林第一キャンプ場に行ってしまい、広い敷地を歩き回って「何もねーじゃん!」って文句を垂れましたが、知らなかった、長尾峠に行く途中にももう一つキャンプ場があったのね!

Img_1334_2 Img_1335_2

第一~の方は何だか終わってるキャンプ場だったが、ここはキレイで、見晴らしも良く、地元人も「ぜひ泊まりたい!」って思ってしまう感じでした…ちなみに月曜は休みでした。自分らは不法侵入者でした。スミマセン…

Img_1340 Img_1332

石窯はどこだ?って探してたら、あった、あった、炊事場の向こうに見えた。う~ん、…ちっちゃいな~。勝手に大きいのを想像していたんで、少しがっかり。シャワールームの真向かいってのもど~よ?

ここの第二キャンプ場は非の打ちどころがない位だけど、第一キャンプ場の方が、自分的にはいろいろ出来そうで好きだな~。明天のオーナーとも少し話したけど、あのまんまじゃ勿体ないよ。市から民間へ移ったそうだけど、いろいろアイデアがあるんで、今度話を聞いてやってくださいな!

-------------------------------------------------

Img_1486

6月16日_。

ライ麦パン、2回目。今回はぶどうとくるみ(前回はいちじくとくるみ)を練りこみました。粉の配分を変えて、国産小麦の「春よ恋」と発酵バターを少し加えました。形も棒状に仕上げて、最終発酵もやや長めにとったら、多少生地がだれたけど、焼いたらそれがかなり良い感じにふくらみました。味も格段に良くなった、と思います。

-------------------------------------------------

Img_1497

6月17日_。

懐かしい友人達が訪れた。以前スタッフとして勤務していて、現在はその語学力を生かして名古屋グランパスで秘書兼雑用をしているミホと、ロレアルジャパンのセバスチャンだ。セバは日本人と結婚して、子供がもう11歳だそうだ。人の子供の成長は早いもんだ。以前に日本に来た時はまだペーペーだったが、今は御殿場工場のボス、らしい。その甘いマスクで昔から女性軍には人気があったが、俺ら男達とはあんまり付き合いがなかったせいか、人気はその前に来ていたパトリックより落ちた。まぁ、でも良いのさ、日本で素敵な伴侶を射止めたんだからな、セバ。あ~パトリックに会いてぇな~。

------------------------------------------------

Img_1502_2

6月19日_。

ワールドカップ 対オランダ戦はゴールデンタイムに放映という事で。熱々でもテレビ観戦しました。告知したおかげか、多くの人に集まって頂きました。この日だけ用にオランダのハイネケンを仕入れ、皆で飲みきっちまいました。

Img_1463 結果はご存じの通り、1-0で惜しくも惨敗。

だけどカメルーン戦よりも選手が動いてて、オランダを押してたよ、あれは。

勝ったらスパークリングで乾杯!する予定でしたので、サムライジャパンも俺達も頑張ったので次こそ勝つぞ!と皆で乾杯しました。

Img_1488 Img_1505

熱々のマスコット的存在のサオリンも店に応援に駆けつけてくれました。Thanks!

今月25日に彼女達主催のイベントがウチの真向かいのカジュアルであるそうです。

特別ゲストにドラム三人のアーティストが参加するらしいです。自分はとんと分からないが、知る人にはスゴイ!らしいですぞ。サブカル?

イベントのテーマは“Feel Free”。感じるのはタダって事か?ぜひ行ってやってくださいな!

-----------------------------------------------------

Img_1487

6月20日_。

父の日 って事でスタッフの真澄からプレゼント、なのは良いが、

「まぁ~いつも ありがとう」って、まぁ、とはなんだ!(○`ε´○)

まぁ貰わないよかましか… ありがとう。(._.)アリガト

Img_1537 Img_1539

Img_1538_2 子供たちからは絵のプエ(レ)ゼント。

それぞれの個性や成長過程が分かってうれしいものです。

仕事から帰ってきて、この絵を見たときに、「あ~俺頑張らなきゃな」って、父親の責任をひしひしと感じたりしちゃって…  肩の荷がよけい重くもなりました…

 

Img_1449_2

おわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

バイバイ、よなよな。


よなよなリアルエールの取り扱いをやめる事にした。
8AEED4BD-11D5-48DE-AFC5-518D8DBC89CA
四年の取り扱い期間だった。長いようで短い気もする。
理由は色々あるけど、まずは自分がこのビールに対して熱意が無くなってしまった事だ。

熱意がなければこのビールをお客さんにお出しする事が出来ない。このビールの魅力を伝える資格がないと思った。

ヤッホーさんに全て責任がある訳ではない。責任の多くは自分にある。ただ、アフターケアの無さが今回の取り止めに繋がった事も確かだ。

日本のビールとしては、稀有な存在だし、味も飲む人を選びはするけど、確かに美味しいと思う。今もこう書いていて未だ迷っているんだ。

ウチの店がもっと大きければ、もっと忙しければ次のビールもよなよなも出来るのに、と考えると悔しくなる。

残念だが、次のビール導入に向けて動き出してしまったからには、前向きに考えて行こう、と思ってます。

なので「よなよなリアルエール」は今月を持って一旦終了となります。今までヨナヨナを応援して下さったお客さん達には本当にすみません。ありがとうございました。

次のビールは未だナイショです。来月初旬からやる予定ですのでお店で確認して下さいな。

CA2D504A-71EF-48C5-9CCF-A78C3CBE354A

よなよなリアルエールよ、今までありがとう!

|

今週のデザート

  
こんにちは☆
  
スタッフのますみです(●^∀^●)ノ 
  
サムライジャパン大健闘中ですね!!
  
W杯前はど〜せ3敗って言って、ごめんなさいm(__)m
  
今は予選通過を信じてます↑↑↑
  
と言うことで、今週のデザートはブルーにかけて『チャイナブルーのジュレ』をご用意致しました。
  
  
サッパリとした爽やかな青(水色)のふるふるのジュレにライチとグレープフルーツが入っています☆
  
ニッポン♪チャチャチャ♪
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

6.19 対オランダ戦 熱々でTV観戦 !!

Photo

Photo_2 やってくれましたよ、岡田ジャパン!

宿敵カメルーンを1-0で下し、勝ち点 3。

前評判がうそのように日本の対応がガラリ、と変わったなぁ~。TVじゃボロクソ言ってたのに、一夜明けたら「名監督」呼ばわりだもんな~。勝てば官軍、ってか?

Photo_4 本田も頑張った。ウチのスタッフは「ダメだろ」発言してたけど。

あんな狭い所にボールをピシャッと止めて、左足でゴールするなんて俺には出来ねぇ~~! 蘇った金狼だ!

さあ、次はオランダ戦だ。優勝候補のオランダにどう戦うか?普段あんまりサッカー熱してない自分も俄然、応援する気になったぞ。

6月19日(土) 19:00より 当店でTV観戦しませんか?

P_product1 オランダ、といえばハイネケンだ。今回はハイネケンを飲んで、オランダに勝つぞ!

そして特別メニューとして、オランダ料理(って?)のHuts Pot(ヒュッツポット)もお出ししますよ!ヒュッツポットとは、一つの鍋で肉とジャガイモ、ニンジンをコトコト煮込んで、肉はスライス、ジャガイモとニンジンはマッシュポテトにして、甘くないパンケーキと一緒に食べる、“オランダ版肉じゃが” といった感じの庶民派料理であります。

今回は、相当むずかしい、と内心思う。でも日本を信じて、TVからでもちっとは応援させてイタダキマス!

見事勝ったら、スパークリングで乾杯サービスしちゃいますよ!!

しかし今日は眠い…ついついポルトガルvsコートジボアール戦を最後まで見てしまったから…(ノ_-。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足柄ノ畑ニ居リマス~⑥ 野菜つくりは子育てにも似て

ある晴れた日の畑にて…

Img_1220

夏を思わせる、暑い日の午後となった。

Img_1221_2

トマトの雨除け用にビニールハウスを作ることにした。

Img_1223 Img_1224

下手なりになんとか頑張ってビニールを張ったのだが、どうも風当たりが厳しいので心配していたら…

Img_1267

二日後の風の強い日にポールが折れて曲がってしまった。全然ダメだ!

気を取り直して、ビニールハウスは一旦あきらめ、他の作業をする事にした。

Img_1293 達也の畑は土作りばかり精をだして、いったん植えたら殆ど何もしていない。これは世の男どもが種付けばかり精を出して、あとは責任を取らないのにも似ているのう…

マルチングの一つの穴にこれでもか、というくらい種を植えたので、大根にしろ、カブにしろ、芽がうじゃうじゃ出てきた。

細心の注意を払っているウチの畑よりよっぽど生育が良いのは何故だ!

達也曰く、「これが俺流自然農だ」らしい。ふざけんな!( #` ¬´#)

「でももういい加減、間引きしろよ」とうるさく言った。

Img_1294 根元を持って、そっと引き抜く。

せっかく植えたのに勿体ない気もする。達也は心なしか涙目になっているように見えた。

他の所へも少し植え替えたが、後日見にいくと、殆ど枯れてしまっていた。やり方がいけなかったのだろうか?

Img_1291

間引きした大根とカブ、ルッコラ達。

Img_1290 その場で洗って食べてみる。

ピリリ、とした辛みが口に広がる。葉っぱのギザギザが痛いくらいだ。

「うん、カブだ、カブ。カブの味がする」

そりゃそーだ!

Img_1296_2

最初に植えたトマトの苗に花が咲いていた。

黄色の花だ。

うれしかった。

野菜作りは子育てにも似ている。土を耕し(笑)、種を植え、水をやり、芽が出たら虫や鳥どもから守ってやり、時には厳しく、時には何もせずにそっと見守ってやる。

まんま子育てに当てはまるな… 農法教育、とでも名付けて本でも出すか…( ̄▽ ̄)

Img_1298_2

畑の東屋で飲む珈琲の味も、また格別だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

祝 誕生!

古くからの友人である藤代の第三子(3478g)が無事産まれた。

三人目、ともなると、もう誰も特別祝ってくれない。

5B67375D-4AED-44EE-ADDE-0A9C77679B1D

ピンクの毛布が良く似合う、男の赤ちゃんだ。☜藤代 談  見た目は藤代似かな?

これで藤代家は一姫、二太郎、三次郎になる訳だ。ウチは女、男、女。真ん中の太郎に弟を作ってやりたい気もするが、キリがないので止めておく。

ウチもそうだが、五人家族にもなるとまぁ、これから大変だ。 四人家族ならパパ、ママでなんとか手分けして子育てできるが、三人目になると、どうしても1人余ってしまう。聞き分けが良い時は大丈夫だが、三人にギャーギャー言われて、腹が立って叱り飛ばすと、余計泣いたりして、更にカミさんにも「どーして泣かしたりすんのよ!」と自分が怒られ、不幸のど真ん中に立たされたりする。

あーぁ、俺の人生、こんな風ぢゃなかつたハズ… と思っても後の祭である。

それでも今は家族五人のウチ一人でも欠けた生活なんてとても考えられないし、1人より2人、2人より3人の方が賑やかで良いな、と思う。橋本知事の真似は出来ないけど… 経済的に…。

以前、九州で、家族五人が乗った車が酒酔い運転の車に激突されて、一瞬のウチに三人の子供を亡くした痛ましい事件が記憶に残っているが、子供たちの両親の気持ちは計り知れない。インタビューで父親が淡々と話していたのが信じられなかったが、当人たちからすると、あれが精一杯の公の席での態度だったんだろう。自分だったら、どうしただろう?

その後、あるドキュメントでそのご両親が新たに一人の子の命を授かり、無事産まれた瞬間に、それまで健気に、しっかりとしていたお母さんが分娩台で号泣し、立ち合ったお父さんも泣き、それをテレビで見ていた自分も号泣した。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

良かった。本当に産まれて良かった。

あんな惨事の後なのに、子供を作ろうとしたお二人の強さに感動した。逆にあんな事があったからかもしれないが、それを乗り越えて、新しい命を授かったのだと思う。決して死んだ子の替わり、じゃないのだ。 こういうのを見ると子供の二人や三人位でガタガタ言ってる自分が馬鹿じゃないのかって、恥ずかしくなる。それと、子供二人もいるのに自分達の都合だけで別れようとするバカ者もいる。子は宝です。お金じゃ換えられない幸せなんです。

今回の第三子、名前は一般公募で決めるそうだ。サテ、何が良いかナ…( ̄ー ̄)ニヤリ

藤代、おめでとう!!

23A9B758-3160-4A02-9CF0-B5733DBF5532

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

沼津の海でキスを釣る

Img_1084

前回、太郎がものすごく釣りをしたいと言い張ったので、最近の行いのご褒美に竿(イシグロで3000円位)を買ってあげたら喜ぶこと、喜ぶこと!

早速、その週の日曜日に沼津の海に出かけた。

Img_1101

釣りキチ太郎の登場である・・・!

Img_1113 Img_1114_2

釣りキチ三平には一平じいさんという師匠が居たが、太郎にもじーじ、という強い味方が居る。今回、じーじにも来てもらって、釣りの手ほどきを太郎に伝授してもらう。じーじの釣り道具は年季が入っている。餌は赤イソメ、浜から投げてアタリをまつ漁法だ。

Img_1107

まだ海の水は冷たいってのに、水着に着替えて入る気満々のくう。

Img_1108_2

波をかぶって大急ぎで逃げてきた(´,_ゝ`)プッ

まだ無理だろ?

Img_1119

おりゃーーーー!!海に向かって一直線!

Img_1122 さーて何が釣れるか・・・

Img_1123_2

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! キスが釣れたぜ!オイ!

この後もう二匹釣った。それらは夜のおかずになった。クウは「なんか貧乏くさ~い」と言ったらしいが。うっせーな!(-_-X)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

祝一万人突破!

当ブログの訪問者数が気がついたら1万人を超えていた。
64B784EE-6C18-4FBD-9161-9A18F760B547

おととしの八月から約二年かかって1万人超え。他の人気ブログから見たら笑っちゃう位のスローペースかもしれないけど、例え一瞬でもウチのブログにこれだけ多くの人が来てくれた事に改めて感謝します。

ココログにも無料で使わせてもらって大変有難いですよ。これからもよろしく~。

アクセス解析にリピーター率を調べる機能がある。多くの方は一回でその後尻つぼみ式に週に二回、三回、月一、月二となって行くんだけど、365日、と言う所に2~3人程居る。まさか毎日訪問しているわけではあるまいよな⁇

自分だって毎日はこのブログ開いてられないぜ。すっげー。仕事でやってるのかな?

ともかく、当ブログを楽しみにしてる人も確かに居る事なんだし、自分も色々書いたり、世に発信する事も好きなので今後とも店同様、よろしくお願いします。

一万人目はぜったい自分だ!と言う方が居られたら、コメント残して下さいな。店に来てもらえたら一杯奢りまっせ!3D610640-4531-4E3E-97D3-F89DA95558AA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

今週のデザートとパン

1A6EBD4C-4F8A-45DE-B3ED-C402C97B284C
マンゴーとバナナのソルベ  450円

いや~今日は暑かった、という事で冷たいソルベを作ってみました。マンゴーのシャーベットは良くあると思いますが、バナナとミックスしたのは珍しいのではないでしょうか?

え?サーティー◯◯に有りそうですって?あー、ありそうですね :(

食べるとちゃんとマンゴーとバナナの味がします、当たり前ですけど。是非食べてみて下さい。

それから、店主の新しいオススメがあります。それはパンでーす。
B94EED76-231D-49A4-8CDB-8E688835AF90


パン ド セーグル(フランスのライ麦パン) 350円

このブログを見て頂いている方は薄々感づいていらっしゃるかもしれませんが、ここ数年、パン熱にハマっております。きっかけはお店のピサ生地をもっと美味しくしたいと思ったのが始まりでした。粉を変えたり、水分量を変えたり、イーストを変えたり、塩を変えたり、オリーブ油を入れたり、入れなかったり。文献を当たったり、人に教えを乞うたり(ベックファンの社長にもお世話になりました)。

そんな事をしているウチに、どんどん粉の魅力にハマっていったのです。パン作りは難しいです。何よりも時間が掛かります。レシピも何万通りもあります。中々オリジナルなパンは作れません。でも逆に作った人の個性がハッキリと出ます。
98AE59B3-CB2B-4FCC-8206-2BE94281275B

ライ麦とブドウから起こしたルヴァン ナチュレ(自家製酵母)に種継ぎをくり返して発酵種を作り、フランスパン専用粉とライ麦を6対4の割合で合わせ、クルミとイチジクを入れて、自分なりのライ麦パンを作ってみました。あ〜、長かった。

濃い茶色で外皮は厚めでがっしり、中はモチモチです。イチジクの甘みがちょうど良い感じかな?

こういったパンはワインやチーズはもちろんの事、海の幸やパテ、生ハムとも相性がバツグンです。

どことなく、ずんぐりむっくりしてて、自分に似ているこのライ麦パン。
今回はあまり数多くありませんが、是非食べてみて欲しいと思います。
今までの自分のパンへの想いを込めました☜ちょっと大袈裟。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

ブレッド&サーカス リベンジ

Img_1266

とある土曜日の朝、急に思い立って湯河原の「ブレッド&サーカス」に行く事にした。日曜ならまだしも、土曜日は自分の店も忙しいのにも関わらずだ。「ブレッド~」は日曜休み、という理由もあった。1年前に休みの日に行ってしまい、この間のGWは道が激混みで小田原まで行きながら、引き返した苦い思い出がある。

それでも行きたい、と思った。むしょうにパンが食いたくなった。

Img_1164_2   

途中、小田原の漁港でトイレ休憩をする。土曜日、という事もあり、人も多く出ていた。

Img_0961_3

ポカポカとした陽気で、ひなびた感じの漁港は「崖の上のポニョ」の漁港を思い起こす。

Img_0958

←こんな遊びもちょっとやってみたりして…

Img_0960 のんびりと釣りをしている人たちを見る。さて何が釣れるかな…?

Img_0963 メジナが釣れたよ~!(v^ー゜)ヤッタネ!!

Img_0965

太郎はパンより釣りがしたくてブーブー言っていた。

さて、「ブレッド&サーカス」だ。

Img_1178 なんの変哲もない、殺風景な外観のビルの一階にある。

以前は場所が分からなくてウロウロしたが、今回はすぐに分かった。なぜなら人が並んでいたからだ。

人が並ぶパン屋にくるのは初めての経験である。

Img_1169_2 赤と白で縁取られた素敵な外観。ウインドウの奥にはお客さんがぎっしり入っている。

やばい、パンが無くなる…とあせって中に入ろうとしたのだが…

Img_1171

張り紙がしてあって、5組8名までの入場制限がしてあった。

仕方ない、はやる気持ちを抑えてしばし待つ。

Img_1177

7~8分後に店内へ。狭い店内は身動きできないほど。

Img_1174 Img_1175

なんか焦って、遠慮しいしい撮ったので、写真がボケボケになってしまったよ…(ノ_≦。)店内は素朴な温かみがあり、パンもたくさんの種類と量があった。手当たりしだい、と言うかここまで来たんだから、という気持ちもあって、色々買ってみた。レジにはオーナーの叔母さんがいて、忙しいのに丁寧な接客をしてくれて、大変気持ちが良かった。

店を出て、レシートを確認したら、

Img_1181

ひえ~~4,633円も出してパンを買ってしまったよ~~~!!(゚ロ゚屮)屮

一回のパン購入でこんなに金を出したのは初めてだ・・・ 聞けばパンのマニアは、さる有名店では1万円くらい平気でパンを購入するらしいので自分はまだまだ未熟なのだろうか…?

店に飛んで帰って、改めてパンを袋から出してみる。

Img_1197

家族で試食してみたが、う~ん、なんだろう、食べ慣れないせいか、意外に食べるのに苦労した。

甘いパンはかなり甘い。アメリカのお菓子のようだ。

天然酵母を使っているせいか、独特の酸味や香味がある。

カンパーニュはやはり日にちが経った後の方が美味しかったナ。

 

やはり一回だけでは解りにくいパン屋さんだと思う。それだけ魅力もあるし、また機会を見つけて行ってみようと思う。皆さんもぜひ行ってみてください。

ブレッド&サーカス www.breadandcircusjapan.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

足柄ノ畑ニ居リマス~⑤ 芽生え

Img_1213

芽がでた~~~~~!!(○`・ェ・)ノ【こ】【ん】【に】【ち】【ゎ】

Img_1209 土中からにょっきと出てきた枝豆の芽。

Img_1210

達也の大根だかカブの芽も出てきた。まるでカイワレそのまんま。

Img_1216

ルッコラの芽が一列に並んで芽を出している。見ていて可愛いもんだ。

Img_1218 ベビーキャロットの種も植えてみる。種はこんな感じ。緑色してんだ。あまりに小さいからうっかりすると手からこぼれ落ちそうだ。

Img_1217

中に腐葉土を入れ、上面にピートモス、というのを撒いてフカフカの土にベビーキャロットの種をそっと植えた。ピートモスは苔の一種だ。保水性に富んでいるらしい。もちろん、有機肥料なので土に還る。

Img_1156 Img_1158

自宅では植え替え用の苗を育てている。トマトなんかは第一花弁が開いたら定植すると良いそうだ。でもなかなか花を開いてくれない。図書館に行ったり、本屋で野菜作りの本を求めるけど、色々な栽培方法があって、そのうちのどれが足柄の畑に向くのか良く分からない。まだまだ色々悩みながら育てていくしかないなぁ。

Img_1212

この記事は5月中旬。今現在(6月1日)にはこれらがかなり大きくなっている。またご報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

季節のオススメ

6月に入りました。皆さん、どうお過ごしですか?

暦で言えばもう初夏の始まりになりますが、まだまだ寒い御殿場です。(;´д`)トホホ…

ただそうも言ってられないので、季節のオススメパスタを作りました。

Img_1288

自家製ドライトマトとヤリイカ、ケッパーのフェデリーニ 1,380円

毎年この時期あたりになると作ります。梅雨どきのじめっとした感じを吹き飛ばしたくて、自家製のドライトマトを二日間かけて作り、にんにく、アンチョビ、とうがらし、ケッパーで酸味をつけ、すこしピリッとした味わいのパスタにしました。フェデリーニとは1.4ミリの少し細めの乾麺の事です。ちょっと上品な味に仕上がっていると思います(当社 比)。

また夏季限定生ビールとして「エビス・ザ・ジョッキ」も始めます。

やはり日本の夏、冷えたジョッキでゴクゴク飲みたいな~と思うようになりました。もうすっかりオヤジですね。

最初の一杯はこの「エビス・ザ・ジョッキ」で喉をうるおしてもらって、二杯目からは通常のエビスを飲んで頂くと更に味わいが深く感じてもらえると思いますよ!

足柄の畑の野菜も少しずつ育ってきました。早く自家栽培の野菜を皆さんにご提供できれば良いな、と思ってマス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »