« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月17日 (火)

今週のデザート

 
デザートなかなかアップせずにすいません(>д<)
 
今夏もマスターが色々とソルベを作りました。
 
○マンゴーとバナナのソルベ
○ピンクグレープフルーツのソルベ
○ピーチのソルベ
 
それぞれ旬の時期のみのご提供でしたので、また来年にご期待下さい☆
 
晩夏な今回ご紹介するのは、熱々でも超レアな限定デザート『ギネスのアイスクリーム』です!
 
 
ギネスを贅沢に使い、モラセスを加えて作りました。
 
一口目から焦がしカラメルの香りと芳醇さが堪能出来ると思います。
 
喉を通過した後にはギネスらしい心地よい苦味が感じられます。
 
香りも甘味もしっかりしているので残暑を乗り切るにも最適な一品、ぜひお試し下さい☆
 
ギネスやキルケニーには勿論、エスプレッソやカプチーノにも合います。
 
裏メニュー的にギネスのアイスクリームで作るアフォガードもオススメです☆
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

shop data NEW !

田園酒場 熱々万歳!(あつあつばんざい)

telephone 0550-82-2226 ご予約はお電話でお願いします。

御殿場市新橋1992-5 2F (御殿場駅より、SUBWAYの通りを富士山方向へ2分ほど歩くと着く)

地図→ http://r.tabelog.com/shizuoka/A2204/A220402/22000859/dtlmap/

営業時間:PM 6:00~AM 12:00 ラストオーダー PM 11:30

定休日:平成22年度より定休日が変わりました。

     毎週月曜日・第三日曜日 となります。 ご了承ねがいます。

MENU

前菜 400円~ 

【出来たてザワークラウト・高原野菜のピクルス・スペイン産生ハム・ など】

サラダ 600円~ 

【カリカリベーコンのホーレン草サラダ・地元野菜のバーニャカウダ・じゃこと豆腐の柚子胡椒サラダ など】

手打ちピッツァ 1050円~

【ピッツァマルゲリータ・イタリアンソーセージとサラミ・ゴルゴンゾーラのピッツァ など】

熱々オーブン料理 630円~

【マッシュルームの鉄板焼き・シェパーズパイ・熱々のジャーマンポテト など】

魚料理 650円~

【タコのレモン風味・大トロ炙りしめサバ・小エビのあつあつオリーブ焼き など】

肉料理 700円~

【スパイシーチキンのフリット・裾野豚肩ロースの香草焼き・ソーセージ盛り合わせ など】

Pasta 950円~ 大盛り200円増し

【ブロッコリーのぺペロンチーノ・フレッシュバジルのトマトソース・海老のトマトクリームソース・明太子とイカ など 常時20種類ご用意しております】

Risso 1000円~

【手作りケチャップライス・じゃこ炒飯 など】

デザート 400円~

【季節のソルベ・ガトーショコラ・パフェ など】

テーブルチャージ(お通し) 

お一人様300円頂戴しております

宴会のコース 

6名様から30名様まで 要予約

フード 2500円より5000円位までご用意できます。

ご予約の際に男性・女性の比率や年齢層、お好みを伺ってます。毎回ご満足いただけるようなメニュー構成になるよう、努力しています。

飲み放題・貸切等については季節ごとに設定があるため、別途ご相談させて頂いております。

DRINK MENU

BEER 熱々といえばビール。こだわりの生ビールをお楽しみください。

エビス樽生 グラス550円 ジョッキ600円

ダブリンギネス生 Pint1000円 グラス700円

キルケニー生 Pint 1000円  グラス700円

ヒューガルデン・ホワイト生 900円 ラージ1800円

ブラック&タン 1Pint900円

アイリッシュハーフ(ギネス&キルケニー) 1Pint1200円

カスケード・エビス(エビスにドライホップのトッピング)700円

WINE 気軽に美味しく飲めるワインを日々探してご提供しています。

本日のグラススパークリング 500円~ スパークリングカクテル 680円~

本日のグラスワイン 500円~ オススメボトルワイン 2800円~

その他、自家製サングリアや、シェリー、グラッパ、ポルト酒などもご用意しております。

COCKTAIL

ビアカクテル・ワインカクテル・フルーツリキュールカクテル・スタンダードカクテル・果実酒カクテルなど

各種取り揃えております。 680円~

WHISKEY

アイリッシュ・スコッチ・アメリカンを各種ご用意しております。各種ハイボールもご用意しました。 500円~

SHO-CHU

麦・芋・米・黒糖・泡盛 各種用意しております。ボトルもございます。 500円~

SOFTDRINKS

ノンアルコールのイタリアンソーダや食後のエスプレッソ、カプチーノまで20種以上ご用意しております。

各フードの詳細については、このブログにてぼちぼち紹介しております。ご覧ください。

 

| | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

本日のオススメ

久々にメニューの紹介をします。(もっとやれっつーの!)

Img_3030_3

マッシュルームの 鉄板焼き 780円

スペインのタパスでは定番といえるでしょう。マッシュルームの中をくりぬいて、にんにく、パセリ、生ハムを詰め、オリーブ油を注いでオーブンで熱々に焼き上げたものです。

この食べ方は、Vの字に刺してある爪楊枝を可愛く両手で小さく持って、中のスープがこぼれないように注意しながら、そのままポイッと口に放り込んでしまえばOK。

ただし、激アツです。Σ(゚д゚lll)アブナッ !

でも我慢して食べてください。マッシュルームと生ハムの肉汁がオリーブ油と相まってジュワ~~~ッと口の中に広がるはずです。にんにくとパセリの香草類がこれまた良い味出してます。旨みを最大限に引き出したのはイタリアの岩塩。味付けなんてそれ位です。

これをパクッと放り込んで、スペイン産の赤か白、どちらでも良いからグビッとやってごらんなさい。

たちまち貴方はラ・マンチャの男になれるでしょう。そうでなければサンチョ・パンザには間違いなくなれるはずだ!?

Img_1855_3

そうそう、この料理に使ってる生ハムはもちろんスペイン産です。↑コレコレ

パレタ セラーノ 680円  やっぱ旨いよ~(◎´∀`)ノ

実は最近、自分の中でスペイン熱が流行。熱々の最初のイメージがスペインの居酒屋でした。なんか離れて遠回りしてきたみたいだけど、戻ってくるのかなぁ?

とにかく今スペインに行きたくて、仲間内とスペイン旅行の積立も始めた所。でも道は遠いッス…(u_u。)

Img_3032_2 

店の入り口の壁に自作の太陽の壁画というか漆喰のオブジェみたいのがあるのはご存知でしょうか?

時折真実の口をやられるお客さんがいますが・・・

店を作っていたときに何も思いつかなくて、苦し紛れに作ったんですが、

THE SUN ALSO RISING(陽はまた昇る)ってヘミングウェイの小説の題名です。

なかなか店の太陽は昇ってはくれないですが…( ̄Д ̄;;

いつかは昇る日を信じてやっていく毎日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

大石さん 一周忌

店の壁に、去年書いた“MEMENTO MORI” (死を明記せよ)の言葉が残っている。

Img_3119_2

友人でもあり、店のスタッフだった大石さんが亡くなった日だ。自殺だった。

あの日の事は今でも忘れられない。やはり暑い日だった。知り合いから一本の電話。

「やっちまったー!大石さん、やっちまった」

最初は事故か何かだと思った。話を聞いている内に事態が大変な事に気づき、すぐさま彼のアパートへ車を回す。警察が見慣れた彼の車をビニールシートで覆い、近寄る自分を制した。自分もそれ以上近寄れなかった。

今日でちょうど一年が経つ。早いと言うべきか、やっと一年経ったのか、自分でも良く分からない。自分とほぼ同い年の彼が自ら命を絶った事にかなりショックで、涙も流したし、棺桶の中の彼の顔が赤みを帯びてて今にも眠りから覚めそうに感じて、「馬鹿やろー!」と怒りもした。

葬儀場では彼の最後の勤務先だったリ・○○○箱根のマネージャーだかに一言意見をしたら、後でかなり大問題に発展しそうになり、知り合いが収拾にやっきになっていた。厨房の奴らがウチに殴りこみに来る、とか言ったらしい。くだらねぇ。馬鹿野郎どもが。来るなら来い。

大石さんとは以前に自分が働いていたアウトレットのイタリアンで知り合った。中途採用で入ってきて、周りに気を使いながら、ペコペコしながら仕事をしていたように思う。そんなに人との付き合いが上手ではなかったし、陽気な方でもなかったから、彼をそんなに知らない人からは結構誤解されていた所があったんじゃないかな?黙々と仕事をこなす人だった。

彼と少しずつ飲む機会が増え、いろいろ話を聞くにつれ、彼は将来、小さくても良いからパスタと珈琲の店をやりたいんだ、という事が分かった。前述のイタリアンを辞め、関東自動車の期間工になり、夜は自分の店を手伝ってくれるようになった。自分と違って真面目で、ウチのさもないレシピでさえ手帳にこまめに書き写し、自分をサポートしてくれた。今までのキッチンのスタッフの中で彼が一番信頼がもてたと思う。その年の忘年会シーズンは過去最多の売り上げを出したのも彼の協力あっての事だったに違いない…。

狭いキッチンに二人してパスタのソースをあおったり、彼がピザを打ち、自分が他のつまみを作る時、楽しかった。そんな時間がいつまでも続いてくれれば良いのにな…と思っていたのだが。

時代のあおりか、トヨタの経営がホンの少し危うくなると、とばっちりは色々な所に波及し、彼の期間工としての延長が急に打ち切りになってしまった。ちょうどその頃だ、秋葉原の無差別殺傷事件があったのは。

俺たちは、時代に翻弄されて、流され続けている。「勝ち組」になれば良いジャン、という者もいる。勝ち・負けで言うならば確かに今の俺らは「負け組」なのかもしれない。でもそんな風に生きたくないし、勝てば良いのか、勝てば?と思う。大石さんは今の日本の構図に巻き込まれ、歯車から弾き飛ばされてしまった。人はそれを「自分が悪い=自己責任」と言ってお終いにしてしまう。そんな世の中にしちまったのはダレなんだ?

はじき出されてしまった大石さんは知り合いの紹介で箱根のホテルのキッチンに入る事が出来た。当初、大石さんはすごく喜んでいた。そして、「もう何があっても、自分からは辞めませんよ」と得意げに話した。自分は(大丈夫か?)と感じた。「ホテルのキッチンはツライっすよ」と、言っておいたのだけど。

勤めはじめてわずか1週間後に大石さんがウチに来て、弱音を吐いた。なんでも直属の上司にかなりやられているらしかった。包丁の柄でたたかれたとか、足蹴にされたとか、その年になってこんな事もできねーのか、テメェ。とか、辞めちまえ!とか、聞こえによってはイジメとも、教育ともとれない内容だった。

「大石さん、そういう所のコックは外の世界を知らなすぎるか、知りすぎて人生嫌になっちゃってる奴が多いから仕方ないですよ。どっちにしろ時代遅れの馬鹿野郎なんです。諦めてもうちょっと我慢したら?」

「シェフの言うことと、その人の言う事が違くて、シェフの言うとおりにしたら凄い怒られるんですよ、どうしたら良いんですかね?」

「・・・・・・・・・(ノ∀`) アチャー」

こういう話は良く聞く。上が言う事と、現場の人間が言う事が違う。これは指揮系統が上手くいってないからだ。上の人間が悪い。

大石さんにも問題があって、言われてムカついたならぶち切れして包丁振り回すくらいが良いのだが、そんな事彼に出来っこないのは分かっていた。

一時話し合って、もう少し頑張ってみると言い、好きだったヒューガルデンホワイトを一杯飲みほして、大石さんは帰っていった。

それが最後だった。

自分はあの時「良いよ、もう辞めちゃって楽になりな~」と何故言わなかったのだろうか?

大石さんは最初の給料も待たずに死んでしまった。

Img_3116_2 

裾野の山間にある仙年寺。のどかで、綺麗な山寺だ。ここに大石さんは眠っている。

Img_3117_2

スタッフと順子を連れて出かけた。

今の時期、ちょうどお盆の時期だ。お墓では大石さんのご両親が待っていてくれた。お花を供え、線香をあげてから、一人ずつ大石さんに語りかけた。

お母さんと大石さんの話をしていて、ヒョイっと親父さんの顔を見上げたら、寡黙な親父さんがひとり涙を流していた。

この1年間、大石さんの事をなにかにつけて思いだしたり、考えたりしていた。ずっと頭の片隅に大石さんが居た。夜、仕事を終えて店でブログを書いている時なんかは、彼の気配を感じたΣ( ゜Д゜)ハッ!ような事もあった。1年間待って、今回彼の事を書くことにした。

彼の死について考えてみると、親を残して自ら命を絶った彼の責任は重い。仕事を続けられなかった意思の弱さもあるだろう。

でも自分は自殺なんか怖くてできやしない。生にしがみついて、もがき苦しみながら生きていくしかないのだ。そこの一線をポン、と超えてしまった大石さんの覚悟って何だったのだろう?その覚悟を作りだしてしまった周りの人間関係や今の世の中にも責任はある、と思う。

また、自分たちの幸せを追い求めるのに夢中で、一緒に働いていた同士の墓参りすら来ない奴もいる。今の自分たちが生きていられるのは周りの人間たちとの密接な関係があってこそ、のはずなのに。個人がこれだから企業もそうなので目もあてられない。

自分にも責任があるのだ。自分の店がより良い環境になっていれば、彼をひどい職場に行かせず、好待遇で働いてもらう事だって出来たはずなのだ!彼の作るパスタは絶品だったし、作っている時の彼は幸せそうだった。

今となっては、彼の分まで美味しいものを作って、皆に喜んでもらうしかないよな。

もっと旨いもん食って、大石さんが「チキショー、死ななきゃ良かった」ってくやしがってもらう事にしよう。

Img_3118_2

いつか会う日まで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

今日の富士山

今日は今朝がた3時に寝たにも関わらず、六時前には何故かスッキリと目覚め、子供のラジオ体操にも付き合う暴挙を冒し、その後畑に水撒きにも行っでしまった。その途中で富士山の写真を撮る。

3E93D7BA-A340-4E99-A157-4CD96B9BDABD

やや黒い雲が頂上付近にあって、それが去るのを少し待っての撮影。今朝もご来光は見れた事だろうが、その後は雲が覆ってしまったので、さすがに寒くなった事だろう。

最近昼間は暑くてたまらないが、夜は少し前に比べたら、かなり過ごしやすくなった。山の上ならかなり寒いハズだ。これから富士登山される方はお気をつけて。

540150A8-FE8D-45C2-8CAD-F27CA4D7303E

畑近くの川にて。水面に映る空が美しい。早起きして良かったと思う瞬間だ。
CB15F0F8-ACC7-4A2D-A81C-412189050F81


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

Farm's Gift

Img_1763_6

長雨のあと、急にカンカン日照りが続いた。

知らぬ間に梅雨が明け、いよいよ御殿場にも夏がやってきた。

草木は水を吸い上げ、どんどん成長する。

雑草が伸び始め、暑い中の草取りが日課になり、汗をかきながら雑草と格闘する。

昼間の水やりはとっくに出来なくなった。

つい数ヶ月前には、土ばかりが見えてた畑がみるみるうちに緑に覆い尽くされていた。

ひまわりも一斉に咲きだした。

Img_1657_3

Img_1543 Img_1540 Img_1633 Img_1542    

Img_1900_2 Img_1630 Img_1706 Img_1865 Img_1709 Img_1708 Img_1915 Img_1754 Img_1759 Img_1541  Img_1945

  Img_1792 Img_1953 Img_1547

Img_1752

Img_1932

Img_1372

Img_1928

何の説明も要らないだろう。

なんの変哲もない畑からこれほどの恵みが採れるとは!

見よう見まねで始めた野菜作り、まだまだ失敗の連続だけど、もうしばらく続けてみようと思う。

夏が終われば秋野菜の準備だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

真夏の夜の夢

今日も暑い一日が続いて、御殿場ではよさこい祭り、沼津でも祭りがあって、嫁さんと子供達は電車で沼津へそうそうに里帰り。自分はオアシス御殿場の無料券が今日までだったので、風呂とリンパマッサージをやってもらってヘロヘロになりました。オイルマッサージ、効きますが、こっ恥ずかしいですな。

スロースタートで仕事が始まり、九時すぎに沼津の祭り帰りのお客さんがチラホラと。
そんな中の浴衣姿の美女三人をお願いして写真を撮らせて頂きました。
8F19527B-8ED7-4995-9E26-3358C594A188

やはり日本の夏は浴衣ですな。
何の屈託もなさそうに笑う彼女達を見ていると、こちらも元気が出て来ます。
今の時期、厨房はちょっとしたサウナ状態。仕込みで昼間から調理場にいると「あ~じぃ~ 暑い」。やる気が無くなります。夜になると疲れはピークに達し、甥のたけひろのちょっとした失敗にも「何やってんだ!テメー!」と、瞬間湯沸かし器に変貌します。
悪いな、とは思っているんすけどネ。

洋服の方がそりゃあ楽に着れるだろうし、着たら着たで脱ぐのにも(脱がせるにも♡)一苦労する着物ですが、日本の女性にいちばん似合っていると思いますね。なんかこう、情感が出ているような、お淑やかな色気があるような、何言ってんだか?

E7CEE704-EC04-4240-9FBC-9D8B9FC0CFDE

彼女達の人生の中で今がいちばん若く、健康で、輝いている時期なのかもしれない。
その一瞬を対 お客さんとしてだけど、一緒に共有できるのは嬉しい事なんです。要は軽く恋してしまうようなものなんだ。
だから私は実際の年より若く見られるのだ?

それは夏の夜の夢の如く、甘くて切ない、かげろうのようなお話しでございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »