« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月17日 (木)

911から311へ

1300290739648.jpg

今までこんな惨劇があっただろうか?
この衝撃は以前起きた911以来だ。

地震が起きた時、自分は呑気にうたた寝をしていた。ユラユラッ、ときた時には(あ、いつもの地震か~)と夢うつつだった。

しかし、揺れがただ事でないのに気がつき、学校から帰ってきていた子供達に「外に出ろー!」と叫んだ。

しかしいつもタイミングの悪い太郎はその時トイレにて大piscesbearingの真っ最中。
パンツもそこそこに、首根っこをつかんで裸足のまま外に連れ出した。
自分はとっさに財布と(全財産)、何故かビデオカメラを持って外に出た。多分、ジャーナリスト魂が無駄に出た結果であろう。

外に出たら立っていられない。勿論カメラなど回す余裕もない。必死に子供と地面にうずくまり揺れが収まるのを待った。

その日は停電となり、キャンドル営業してその場をしのいだが、暗くて、暗くて、調理に随分手間がかかった。いつもと同じ感覚で料理が出来ないのだ。
つくづく、自分達は電気に頼って生きてるのだと痛感した。
それと同時に、オール電化というのもどうかと思った。電気が止まったら全てパーである。電話すら使えない。
暗くて大変だけど、直火で料理する原始的生活も悪くはない、と思った。


1300290742765.jpg


その日から身の回りの品が少しずつ無くなっていった。電化屋に行けば長蛇の列で、皆奪い合う様に電池を買い漁り、ガスボンベやローソク、灯油やガソリン、トイレットペーパー、非常時食品、果ては米までもが売り切れ状態である。

計画停電、というのも初めての経験だ。しかしこの計画停電、やったりやらなかったりで、無計画この上ない。時間に合わせて仕込みやら色々忙しくやった挙句、停電しない、というのは有難い事なのに(ナンダヨー!)とつい思ってしまう。

だけどそんな事で愚痴たれてる場合じゃないのだ。被災地では食事も満足に取れない人達が今この瞬間も寒さで震えているんだから。


1300290744416.jpg


知り合いのお客さんから「こんな時に被災者に役だつ仕事をしていない自分の力不足を実感する」とのメールが届いた。

確かに自分が今出来る事って何だろう?と考えてしまう。

何もかもほっぽり出して被災地に向かい、瓦礫の中から未だに救いを待っているかもしれない生存者を助けだしたいし、料理の腕を奮って温かい食べ物を作ってあげたいし、それが駄目ならいっその事ホース片手に原発4号機の中に飛び込んでやりたい、とも思う。

実際には多少の義援金を送るか、せめて節電に務めるとか、そういった事しかできないのだろうか?

日を追う毎に事態の深刻さが増してきてるようで、ともすれば無力感に苛まれる。しかし、それではいけない。

折しも3月11日、その日は東京都知事選に石原慎太郎が出馬の意向を話していた日だった。石原慎太郎は「このままでは日本が危ない。沈没してしまう」と言っていた。その直後の今回の大地震。確かに、ある意味日本は沈没してしまった。

津波に襲われて壊滅状態の町を見ていると、戦後、焼け野原になった日本はこんなだったのかな?と想像させられる。

0からのやり直しなんだ、きっと。

今、全ての日本人にとって大事な時期が来たんだと思う。

そしてこの惨禍を乗り越えられたら、きっと日本は今以上に良くなると思うし、日本人の底力を、自分の力も含めて信じている。

1300290745835.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

地震ですが、営業してますぅ。

いや~、すげえ地震でした。

停電で辺りは真っ暗!


1299836509973.jpg

でも熱々はやってます!


1299836525994.jpg

店内は素敵なキャンドルともしてます。


1299836531464.jpg


娘に「うちビンボーになったの?」と言われましたが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

セントパトリックス・デー キャンペーン

3月に入ってしばらく経ちましたが、まだまだ寒い日が続く御殿場であります。

沼津や小田原あたりは結構温かいんですがね~。ただ、先日小田原のわんぱく公園?に行ったら、足柄の山から花粉がそれこそ黄砂の様にモウモウと舞っていましたので、お出かけの際は十分覚悟して下さい。

さてさて、3月というと日本ではひな祭りですが、ギネスの故郷、アイルランドでも一年で最大?の春祭りが行われます。その昔、アイルランドにキリスト教をもたらしたとされるセントパトリックス司祭のお祭りです。


1299753143422.jpg


3月17日にはいたる所で緑の服をまとった人々がパレードをし、ギネスや緑色に染めたビールを楽しむそうです。


1299753144766.jpg


日本でもその週の土日あたりに横浜や東京などでパレードが行われると思います。是非一度行ってみてはいかがでしょう?


1299753145666.jpg


ただいま熱々では、セントパトリックスデーキャンペーンとして、ギネスやキルケニーをご注文の方に素敵なheart ラッキーチャームをもれなく差し上げております。


1299753146287.jpg

年始早々、あまり運気が良くない方は?ぜひゲットしましょう。そうでない方も勿論もらえますヨ~。

そして…

3月15日 16日 17日の3日間は

ギネス&キルケニー パイント1000円を⇨800円に、

グラス700円⇨500円にてご提供させて頂きます!

ぜひこの機会にギネスやキルケニーをたっぷりご堪能下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

箱根の足湯カフェ

今日も朝から雪景色。昨夜は先週に続いてバカのみしたので、せっかくの休みの日のクォーター分を寝床で過ごしてしまいましたsleepy

昼過ぎにようやくお抱え運転手が出勤してきたので、恒例行事の「温泉へGo!」。今回は箱根、底倉温泉に行ってきました。


1299545034399.jpg


温泉の帰りにパン屋を探す途中で、何を勘違いしたのか、坂を登って宮ノ下駅に出てしまい、途方にくれていたら一軒のカフェに出くわしました。


1299545036176.jpg

なんともまぁ、味のある佇まい。


1299545037361.jpg

足湯まであるんです。しかも無料‼
僕らは入りませんでしたが、外人のおっさんがビール片手に本を読みながら足湯に浸かっておりました。

1299545038712.jpg

NARAYA CAFE、というお店です。
すっかり気に入って店内へ。


1299545039613.jpg

野郎二人、カプチーノ380円を二杯頼んで併設のギャラリーにて頂きました。


1299545041117.jpg

なんでも元旅館だったのをハーフビルドしてカフェとギャラリーにしたとか。将来は簡易宿泊施設やテナントを入れていきたいそうです。

ご存じ箱根と言えば、昔から観光地として有名で、その分、敷居も予算も我々ビンボー人には遠い存在ではあるのですが、ヨーロッパのリゾート地を倣い、高級なホテルがある一方、貧乏一人旅の青年も滞在できる安価な宿泊施設があれば、さらに観光の需要が高まるのではないか?というのがここのオーナーの考えだそうです。なるほど。


1299545042332.jpg

窓から眺める箱根の雪景色もなかなか良いものでした。
今度はゆっくり来たいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »