« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

Go! カナディアンファーム②

カナディアンファームに行くための支度を始める。

まずは寒さ対策だ。ユニクロのヒートテックの上下は勿論の事、場合によってはそれを二枚重ねしなきゃならないかも知れない。早速ユニクロでもう一着ずつ購入する。暖パン、というのも目に付き、それも買う。それでもまだ不安なのでヌマヤでいかにもおっさんが履くような綿生地の股引も買ってしまう。

それから大工仕事って事だから、屋根から滑り落ちてその後の人生を台無しにしないよう、足袋を買いにワークマンに行く。ワークマンで分厚い靴下や手袋、裏がキルト生地になっているウインドブレーカーなんかも買う。

後は靴だ。スノーシューズの良い奴がシラトリで売っていたのを思い出し、裾野まで降りるが、売り切れ。結局沼津まで更に降りてデポで購入。

カインズに行き、貼るタイプのホッカイロ、風邪薬湿布薬、絆創膏、卓上コンロのガスの替え、湯たんぽ、洗剤、歯ブラシ、栄養ドリンク、メモ帳なんかも揃える。

これだけ集めてもまだ何か足りないような気がしてならない。夜が長い、と聞いたのでCDやDVD、プレイヤー、本なんかも用意する。ギターも持って行こうかと考えたが、さすがにそれは止した。結局、一回も音楽や映画を見ることは無かった。

後は自分が居ない間の生活費や帰ってからの店の運転資金などを稼がなきゃならない。必死こいて働いた。

日曜の朝、家族と朝食を一緒に取り、しばしの別れを惜しみながら出掛ける。行く間際になって末っ子のメイがパパが居なくなる事にようやく気がつき、「パパ、何処に行っちゃうの?」と何度も聞く。
その声に一瞬くじけそうになるが、振り払って車を出した。


1327972970772.jpg


ファームまで二時間半の一人旅だ。
考えてみたら、結婚して子供が産まれて以来、一人だけでこんなに家を留守にするのは初めてだ。富士山が遠くなるにつれて寂しさが増す。いつもの車内はギャーギャーうるさい筈なのに、いまは「咳をしても一人」状態。ボブディランの「風に吹かれて」が空しく流れていった。

諏訪南インターで降りる。
八ヶ岳の大地が広がっていた。

1327972972452.jpg
あの麓にカナディアンファームがあるのだ。
今までの単なる観光じゃない生活が始まるのだと思うと、身が引き締まると同時にややうんざりもする。

どういった仕事が待っているのだろう?
ハセヤンは一体どんな人なんだろう?
ファームでの暮らしは自分にどんな影響を与えるのだろうか?

1327972972781.jpg
途中白樺林を抜けていく。
雪に覆われた白樺林。綺麗だけど、厳しく見えた。

つづく。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

ゴルフの〆はうどん

朝方地震が二回あった。

御殿場は震度4だった。

震源地は忍野の方らしい。
富士山を見たら、ちょっと変な雲が三つ、横に流れていた。

だから、後一回、今日より大きいのが近々来そうな気がしてます。当たらないと良いですね(; ̄ェ ̄)

畑に行った帰りに、子供とパレットゴルフをしてみる。

1327802800911.jpg
一人300円で一日中出来るんだけど…

さ、寒い~‼

1327802801866.jpg
そんな中、6ホール目、Par3の所で太郎に負ける(T ^ T)

昼メシは事もあろうに、朝方地震の震源地、忍野へうどんを食べに行く。

1327802802300.jpg
3,4日降り続いた雪で辺りは銀世界!

1327802802865.jpg
渡辺うどんでーす。

1327802803380.jpg
ご馳走さまでした。


1327802803787.jpg
帰りがけ、女将さんからうどんの切れ端をお土産に頂く。ありがとうございました。
そのうどんは次の日の朝食に。旨かった!


1327802804197.jpg

毎日かあさんより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

季節のオススメ

1327484155740.jpg
季節のオススメは黒板に書いてます。
グランドメニューの中からも、今の時期食べてもらいたいんだよな~ってのも載せてます。

今の時期はアサリと帆立をふんだんに使い、ベーコンと野菜をとろけるまで煮込んだクラムチャウダーがイチオシ。

そのクラムチャウダーは特製の玄米パンをくり抜いた中に詰めてオープンでこんがり焼き上げます。


1327484159726.jpg


サンフランシスコやニューイングランドの港で出てくるような雰囲気を出したくて、その名も「フィッシャーマンズクラムチャウダー」と名付けました。


1327484160160.jpg
こちらは合鴨コンフィのポアレ。

コンフィとは、合鴨を鴨のオイルでじっくりと火を通した、いわばフランスの保存食。それをじゃがいもとニンニク、タイムやローズマリーと共に火にかけ、皮目をパリッと焼き上げました→ポアレ。
コンフィならではの奥深い味わいが出ています。ワインに合います。
この料理、あまりお客さんに知られてないようですね。オススメです。

1327484160674.jpg

これはオマケ?のオマール海老のリゾット。今日の宴会メニューです。魚介てんこ盛りでっせ!

1327484161081.jpg
これも…宴会メニューから…(^_^;)
本日の前菜盛り合わせ です。
さー仕事だ仕事!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

Go! カナディアンファーム ①

まだ自分が何になるのか皆目つかない二十歳の頃、一人で八ヶ岳周辺を車で良く走っていた。

ある道の途中、「ケベック料理・カナディアンファーム」と描いた一つの立て看板が目に止まった。

何だろう、ケベック料理って?
その頃レストラン湖粋で働き、洋食に目覚めた自分にとって興味をそそらせる看板だった。

何度も道に迷いながら、ようやく辿り着いたカナディアンファームは自分の予想をはるかに超えた場所だった。


1327417003873.jpg


石造りの釜をデーン、と外にあつらえた、頑丈かつ洒落っ気のない丸太小屋の二階建てのレストラン。

スタッフは日本人をはじめとして、仕事しているのか、遊んでいるのか分からない多くの外国人たち。

こんな森の奥に何処から聞き込んできたのか分からないほどの多くのお客さん、そして木でこしらえたアスレチックやすべり台でターザンごっこをする、たくさんの子供達。

釜からは煙があがり、料理が出来上がる。
二階の客席の奥には何十本のハムやベーコンがぶら下がっている。

一見、ここは時代錯誤のコミューンか、ジプシー村か?と思わせる程のいっちゃった感。

全てが混沌、一体となっている中心に、髭もじゃらの、何だか妙に陽気なおっさんが居た。


1327417006874.jpg


その人が長谷川 豊、通称ハセヤンだったのは後で知った。

その後、自分は東京へ出て、映画の世界に入り、バブルや映画界衰退の荒波にもまれながら居酒屋やレストラン、ビアパブなどで食いつなぎ、自分の映画撮りの為にロケハンを兼ねて清里や、小淵沢周辺を車で走りながら、カナディアンファームにも何度か寄った。

行く度にカナディアンファームは少しづつ形を変え、様々な小屋が出来ていった。

料理は石窯で焼くハンバーグや骨付の大きいチキン、燻製のセット、ホッとする滋味深いスープ、メープル入りのバターを添えた、シンプルで飾らないパンなどがお気に入りだった。

今思えば、あの頃にカナディアンファームの中に入っていれば、随分と違っていただろう。

歳月は流れ、自分の店を持ち、苦労しながら、
這いずるように15年が経った。初めてカナディアンファームに行った頃から20年が経とうとしていた。

その間、ハセヤンはTVチャンピオンの廃材利用選手権で見事優勝し、その後どっちの料理ショーでハセヤン特製のスモークサーモンが食材で取り上げられるなど、着々とその名声を上げていた。

一度、店のスタッフと山梨や長野周辺の気になるお店を見て回った事があり、カナディアンファームにも寄ったが、スタッフの人気ナンバーワンは、やはりカナディアンファームだった。

しかし、「マスターはあそこまでは出来ないね」と言われてしまった。

自分で森を切り拓き、家を建て、畑を耕し、鶏や山羊を飼い、鉄を加工し、釜やストーブを作る、いわば自給自足の生活は無理だと言われたのだった。

たしかに自分もそう思っていた。

シャロムヒュッテやその他のオーガニック系の店に行き、その反動?からか自分でも畑をやるようになったが、その余りにもの上手くいかなささや、時間の無さについついおろそかになってしまい、毎日の生活に追われながら月日だけが経って、気がつくと自分や、自分の店が疲弊してしまっていた。

これではいけない、と思った。

何か始めなければ、このまま流されるだけだ。

そんな時、頭に浮かんだのはカナディアンファームだった。

過剰な飾り立ての要らない、シンプルな生き方。
便利な世の中にありながら、あえて自分達で全てを賄う暮らし。
石や木や火、といった自然の恵みを扱う生活。

今の自分に無いものをカナディアンファームは持っていた。

去年の暮れにひょんな経緯で店の客席をリニューアルしたのをきっかけに、カナディアンファームにメールし、修行させて下さいとダメもとで頼んでみた。

間もなくハセヤンのパートナーでもある越中谷さんから「よろしかったらどうぞ」と返事が届いた。

自分としては春以降、暖かくなってから行く予定でいたが、今年の冬はハセヤンがファームに居て、いろいろ修繕を行うので、今の時期に来たら勉強できるよ、との事だった。

少々面食らったが、せっかくのファームからの申し出を断る理由もなく、じゃ、一丁冬のファームの生活を経験させてもらおうか、とあいなった。

いきなりの事だったので、スケジュールを調整し、スタッフに許可をもらい、一週間程度の休みを取って出かける事にした。結局は仕事の都合で五日間しか休みが取れなかったのだが。

夢にまで見たファームでの居候生活。
しかしいざ実現するとなると、急にビビり始めた。

極寒の八ヶ岳での暮らし。自分には初めての経験だ。しかもスキーなんかで遊びに行くわけじゃない。仕事をしに行くのだ。仕事と言っても無給である。今回のメインの仕事は大工である。自分は大工は全くの素人だ。40過ぎて、体力、気力が落ちてきている自分に務まるんだろうか?

また新たに人間関係も構築していかなくてはならない。夏ほどではないが、スタッフが常駐している。
こっちでは小さいながらもお山の大将で威張っていられるが、向こうの大将は勿論ハセヤンだし、スタッフも自分より一回りも若い者に顎で使われるかも知れない。一癖も二癖もある奴らだったらどうしよう?相撲でも取らされるか?それとも昔CMで見たような、石を抱えて首回りで転がす祭りやるで~、なんて言われたらどうしよう。

でもともかく行くっきゃないのだ。自分で決めた事なんだから。
店のスタッフや家族、お客さん全てに迷惑かけてまで行くんだから、後悔しないように行くのだ。


1327417008583.jpg


そんな訳で、1月15日の日曜からファームへの旅が始まった。

つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2012年1月20日 (金)

熱々万歳!始動!

八ヶ岳修行(人生の夏休みとも言う:越中谷 談)より戻って参りした。

向こうから雪を持ってきてしまったようで、今朝は御殿場も大雪!さすがは雨男!

1327019662481.jpg

それでも子供達は元気に学校へ行きました。

1327019663516.jpg

五日ぶりに店へ。

1327019663847.jpg
留守中嫁さんが店を掃除してくれていたらしく、床がピッカピカ。
有難いもんです。感謝。(^_−)−☆


1327019664161.jpg

さぁ、今日から熱々始動です。今日は前半20名様の予約を頂いています。がんばらなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

短期休暇のお知らせ

寒い日が続きますが、皆さんお体大丈夫ですか?
私もなんだか最近咳が良く出ます。

その上、何故か友人や知人に花粉症の症状も出ているのです。エ、この時期に !?(・_・;?

空気が乾燥し、インフルエンザもそろそろ流行り出しそうな勢いなので、皆さんも気を付けてお過ごしください。

さて、熱々はこの時期少しお休みを頂きます。

店主研修の為、

1月15日(日)~1月19日(木)までの五日間 お休みを頂きます。

20日の金曜日より、通常通り営業致します。

お客さんにはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいます様、お願い致します。

留守中、ご予約等のご連絡は留守番電話で承ります。
0550-82-2226

後ほどスタッフよりご連絡しますので、電話番号を残して下さい。

又はメールにて

Email→ atuatubanzai@gmail.com

後ほど返信致します。

今回の研修先は信州八ヶ岳です。
次回にブログで紹介出来ればと思っています。

では、行ってきます!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

新年明けましておめでとうございます。

正月もとっくに明けまして、子供達は元気良く学校へ行き、熱々のスタッフ達も若干名除いて昼間の仕事が始まり、街はいつも通りの活気を戻し始めました。

熱々は正月2日、3日と営業し、4日はお休みを頂いて信州八ヶ岳に行ってまいりした。

冬のカナディアンファームを見に行ったのです。

1326300847450.jpg
冬の間に屋根などの補修を行うカナディアンファーム

1326300849923.jpg

塩漬けしすぎた?肉を近くの小川で塩抜きしてました。


1326300851632.jpg
さすがは雨男の私のせい?か、こちらでもこの時期には珍しい雪が降りだし、子供は大はしゃぎでしたが、大人は私を始め、ハセヤンまでもが屋根の修理をほっぽり出して、全員暖炉のある暖かい部屋に逃げ込みました。

1326300853261.jpg
燻製盛り合わせ

暖かい部屋でゆっくり食事をして、見ず知らずの人たちとも話し、ハセヤンとも個人的な話も出来て、充実した一日でした。

1326300854982.jpg
帰りの温泉はこちら。
帰りがけには新年早々、駐車場の切り株?で思いっきりドアを凹ませて帰ってきました (T ^ T) (−_−#)。

今年は熱々 当たり年でっせ!. ということにしておこう....

9日は新成人の日。甥っ子も二十歳になりました。

1326300856154.jpg

甥っ子のトシヒロ、4才の頃。ウチの太郎ではありません....

それが今や...

1326300857347.jpg
こんなになってしまいました。


1326300858463.jpg
クラス会を熱々でやって頂きました。以前お世話になった湯山先生も来て頂きました。ありがとうございました。

成人になった方達へ。

好きな事おやんなさい。後悔しないように。
それから、お酒をもっとお飲みなさい。カルーアミルクの他にも美味しいお酒がたくさんありますから。

ウチのバイトのシゲル君も今年で成人に。
片や10万円のスーツを着て酒かっ喰らっている者もいれば、成人式にさえ出ないで仕事をしている者もいる。
スタートラインは同じはずだったのに、この差は何だろう?

成人を迎えたこの日に、またもう一度同じスタートラインに立って、もう一度走り出してもらいたい、そんな願いです。


今年も熱々万歳!をよろしくお願い致します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »