« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

夏の手紙と西瓜

病気療養中の叔母に冷蔵庫を送ったら、お礼の葉書が届いた。

1343558922799.jpg

80歳に手が届くのに、病床からもキチンと手紙をしたためる叔母の心意気に感服した。

今はネットでなんでもできる時代、手紙などトント書かなくなったけど、

改めてこうして貰ってみると、メールでは感じない、叔母の心の温かさや、
人柄、誠実さが心を打つ。

葉書の中にスイカとクワガタの絵が書いてあった。

こういうさりげない季節感を出すところに、
日本人でいて良かったナ、って思うんだ。

葉書を見ていたら、急にスイカが食べたくなって、早速買いに行った。

1343558923581.jpg
夕方近く、ひぐらしが鳴いている。今日も暑かった。

子供達と自宅のベランダで一緒にスイカを食べる。

1343558924317.jpg
スイカは家の中で食べるより、庭とか、家の軒先で食べる方が断然おいしい。

種をプッ、と飛ばしたり、かけらをアリやかぶと虫にくれてやったり、

口の周りや、多少服にスイカの汁が飛んだって平気だ。


1343558924868.jpg

夏の風物詩を思い起こしてくれた叔母に感謝。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

今日のまかない

昨晩は珍らしく熱々のOBというか、おバカ三人組が集まり、牛もつの煮込を肴に飲み明かした。


1343262554557.jpg

この時用にとって置いたスペインのワインも空けた。

1343262555266.jpg
MATSU....日本語の「待つ」から来ている。熟成され、枯れた感じの中に、スペインらしい、しっかりと芯が通った味わいだった。

この三人で飲みたかったので、名前の通り、かなり「待った」ワインだった。

翌日、二日酔いのまま、子供を釣りに連れて行く。

1343262555720.jpg
谷峨。100円SHOPで竿を二本買い、渓流釣りと洒落込む。

1343262556346.jpg
エサはあの魚肉ソーセージ! これは腹が減ったら自分でも食べられるスグレモノ。
これを餌に御殿場高校の近くの川で小学校の同級生だったアント、いわ、モッチーと一緒にハヤを50匹釣って、全部次の日死なせてしまった事を思い出した。

1343262557013.jpg
昔とレシピが違うのか、材料をケチっているのか、この魚肉ソーセージ、なんだかパサパサなんだ。
昔はもっとネットリしていたような気がするんだがなぁ?針にうまく刺さらないでスパスパ切れてしまう。


1343262557693.jpg
釣果はクウがウグイを。太郎がハヤを各一匹ずつ仲良く釣っておしまい。


1343262558318.jpg
釣った魚は開口師匠を見倣って「グッバイ!」とリリース。食えないしね。

さて、ここからが今日の本題。

昨晩食べたモツの煮汁を温め、焼き餃子をつけて食べたら...

1343262558671.jpg
オーイ、激ウマなんてもんじゃねーよ。どこかのラーメン屋やらないか!おい!

モツの油が浮いてる、熱々のモツ煮スープに、パリッパリの焼き餃子をジュッ!

1343262559286.jpg
煮汁に浸した餃子をご飯に乗っけて食べたら...

こりゃ新しいジャンルを開発しちまったぜ!
名付けて「餃子つけモツスープ」「つけモツギョーザ」!
うーん、ネーミングがイマイチ! 誰か開発費くれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

闘莉王 母の愛は強し

以前 元日本代表で、現在名古屋グランパスの闘莉王が店に来てくれた事がある。

1343124271361.jpg

店を気に入ってくれ、自分とも気さくに話してくれて一緒に飲んだ。サムも飛び入り参加した。

美しいブラジリアンの彼女と来ていたし、宿はあのマーズガーデンウッド御殿場だったので、早く帰って部屋でゆっくりしてもらいたかったのだけど、彼女や宿そっちのけでサッカーの話は勿論の事、尾崎豊やブラジルの歌、彼の祖父が広島からブラジルに渡ったので、最初のチームをサンフレッチェ広島にした経緯、とても父親を尊敬している事、日本人としての彼の心意気や大和魂などの話題で盛り上がり、焼酎を飲むわ飲むわで、気づいたら三時過ぎ。

「もうそろそろ終わりにしましょう」とこっちが言って、ようやく腰を上げたくらいだった。


1343124272045.jpg


息子の太郎はサインボールをしてもらう為に閉店時間の12時過ぎまで寝ないで待っていた。別にそれまでサッカーファンでもなんでもなかったのに。


1343124272648.jpg
闘莉王は子供が好きらしく、気軽にサインをしてくれ、太郎にも「サッカーやるの?どこのチームが好き?」などと聞いてくれていた。

太郎はその日、サインしてもらったサッカーボールを抱いて寝た。
それ以来、そのサッカーボールは我が家の宝物になっている。
去年、清水のアウスタで清水エスパルスvs名古屋グランパスの試合を見に行った。

1343124273092.jpg
太郎は地元サッカーチームのエスパルスのユニフォームにスタジアムで買った名古屋グランパスの闘莉王のマフラーをする、といったコウモリ野郎的な応援をしたが、試合はまさかの闘莉王が累積でピッチに出れず、清水エスパルスが二点を入れて勝った。
闘莉王はベンチから自分達チームの不甲斐なさに呆れて怒っているのが見えた。

それから1年が過ぎようとしている。
太郎は地元のサッカーチームで毎週土曜日に練習に行く他、時折近所の先輩小学生や中学生達に混じってボールを追い回している。決して上手ではなく、むしろ下手な方だが、サッカーボールを蹴っている時の太郎は嬉しそうだ。

そんな折、今度は闘莉王の母上が来店してくれた。

1343124273575.jpg
右奥に居らっしゃるのが闘莉王の母上。その隣の女性は元ウチのスタッフで、現在名古屋グランパスで通訳兼外国人担当スタッフをしているミホ。彼女が闘莉王や母上を連れてきてくれた功労者である。
その隣のハゲはトゥーリオ、では決してなく、ピカーリオ君だ。

1343124274169.jpg
闘莉王がサインしてくれたボールを片手に、母上は闘莉王の子供時代の話をしてくれた。
敬虔なクリスチャンであること、16歳だった彼がたった独りで日本へ渡った時の母上の心情、その後の成功、休暇でブラジルに帰郷している彼を一目見ようと地元の子供達が朝から家のも扉の前で待っていることなど。
また「俺は結婚しない」と言っていた闘莉王だったが、母上は「いつか彼に本当にピッタリの女性が現れて幸せな家庭を築いて欲しい」とも話してくれた。

それはスーパースターの子を持つ母親ではなく、ごく一般の母親の誰もが想う息子への愛だった。

ウチの嫁さんも何故か息子の太郎には甘い。本人はあまり意識してないようだが、つい先日も太郎が風邪で学校を休んだ際にも、病院の帰りにwiiの釣りゲームを何の理由もなく買ってあげていた。自分もそのうち買ってあげるつもりでいたのだが、勉強にしろ、サッカーにしろ、普段の行いにしろ、何かしら太郎が進歩したご褒美に買ってあげようと考えていた矢先だったので、嫁を叱ったら、普段ならその何十倍で仕返しをしてくる嫁だが、この時は何も言わずに「へへへ」と笑っているだけだった。

かくいう自分の母親も自分には甘い、らしく、親父や姉がブーブー文句を言っていたのを思い出す。
勝てないね~。母親の息子への愛情には。

今年の夏はぜひとも名古屋に行ってトゥーリオの試合を見たいもんだ。
ピッチに立つ彼の勇姿を太郎の目に焼き付けてあげたい。

そんなトゥーリオの素敵な言葉で締めくくろう。


スタンドを見ていると、涙がこみ上げてくることがある。

僕ができることはサッカーしかない。日本国籍を取って、日の丸を付けて、プレーをする。日本のためにサッカーをして、お世話になった人たちに恩返しをしたい。

— 闘莉王

やっぱ、ワールドカップ、トゥーリオ必要じゃね?
1343124274599.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

真夏の牡蠣はこう食べるべし!

梅雨が明けたよ~!

うちの畑のトウモロコシもすくすく育っています。
1342524993276.jpg

梅雨が明けたとは言え、まだジメジメする御殿場ではありますが…

でも沼津や三島、静岡なんかに比べたらずっと涼しくて過ごしやすいみたいですぞ。

そんな折、ジメジメ感をぶっ飛ばそうと、河岸に出かけて牡蠣を買ってきました!
冬は牡蠣、でも夏は…って思うでしょうが、夏にも牡蠣はちゃんとあります。しかもデカイ!
ただ高いんだけど…( ̄◇ ̄;)

ウチの冬の看板メニューの「牡蠣のバジリコチーズ焼き」にしても良かったんだけど、それでは芸がないので、違う料理にしてみました。

1342524997675.jpg
真夏の牡蠣のフリット、カレー風味のタルタル

①牡蠣の身を取り出し、そっと丁寧に洗い、カレー粉とレモンをまぶして置いておく。

②生クリームを泡立て、ターメリックとクミンパウダー、ガラムマサラ、塩、レモンなどで味付けしておく。

③水分を軽く取った牡蠣に軽く小麦粉をはたき、天ぷらの練り粉のようなものに付けて180度の油で香ばしく揚げる。

④揚がった牡蠣の上からカレー風味のタルタルをそっと乗せておしまい!


1342524999250.jpg

実はこの料理、以前東京のレストランで頂いたものをちょっとアレンジしたもの。牡蠣とカレーのスパイスが意外に合うんで今回作ってみました。

これ一個でお腹いっぱいになりそうな位、ボリューミーな一品です。ぜひお試しを…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

沼津の海で遊ぶといふ事

津波は怖いが、海は好きだ。

だから今日も海に行く。

1342360952622.jpg
変な踊りを舞い、海の神を鎮めておく。



今回もアサリ採りじゃー!


1342360985258.jpg

1342360987043.jpg
でも・・・なかなか取れません…


1342360997205.jpg
半ばあきらめモードでいたら…

エ・・・?


1342360999229.jpg
太郎が・・・



浜辺に打ち上げられた・・・


1342361062060.jpg
これはアサリが取れないのを見るにみかねた海の神からの賜り物なのか?それともやはり地震か何かのの前触れ?


1342361064038.jpg
すっかり大はしゃぎで帰る支度。

1342361066038.jpg
じーじの家の庭先でイナダ君を解体。外に水場があるとホント便利。


1342361067593.jpg
そして・・・

1342446509277.jpg


ジャジャーン!昼飯になりました!


1342361146786.jpg
早速試食です!

1342361150271.jpg

ご飯に乗っけて・・・
1342361152132.jpg
太郎が喰いまくる!


1342361153290.jpg
あまりの美味さに太郎悶絶!
モチっとしながら、コリコリとした食感でした!

でも、最近ちょっと自然界おかしいですぞ。千葉ではイワシが何万匹も浮いたり、日本海でも深海魚が上がったりしてるらしいじゃないですか。

後日沼津でもイワシが大量に浜に打ち上げられたらしいし・・・

来るべき時には来るのだ、と覚悟して、毎日を過ごしますか?
自然には逆らえません・・・。

神に感謝。イナダ君、ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »