« 第三回ごてんバル coming soon! | トップページ | 2014年 新年のご挨拶 »

2013年10月 4日 (金)

Go!カナディアンファーム 最終回 そして新たな出発へ

「植村さんは人生急いでいるんですなぁ~」

その言葉が結構身にしみた。

うすうす分かっていたけど、やっぱり、っていう感じだったけど。

でも自分はもう40代。オヤジ街道まっしぐらで、頭は薄くなってきているし、運動してないから足腰弱ってきているし、食わせなきゃならん家族はいるし、親は年老いていくし、子供は大きくなっていくし、その割に自分と店はなかなか成長していかない。

焦るの仕方なくね?

昔、開口 健が「悠々として、急げ」なんて言ったもんだから、それを真に受けて今まで15、6年やってきたけど、自分としては悠々としてばかりいた気がする。

それなのにハセヤンからは「そんなに急いでどうする?」みたいな事を言われ、自分は尚更迷ってしまった。
ファームの諸先輩がたは多かれ少なかれ、自分の道に迷ってここに来たんだろうけど、ハセヤン、というデカイ、そして得体の知れない底の深さを知るにつれ、自分の非力さを嫌、というほど思い知ったのだろう。そして自分もその中の1人だった。

その夜はなかなか寝付けなかった。


朝_。
カナディアンファームの最終日だ。
この日の夕食は自分が作る、と決めていて、前日からフォン(出汁)を作り始めていた。
鶏ガラと海老の殻を炒めて、豚の頭と昆布、ファームのくず野菜なんかをどっさり使ってグツグツ、コトコト煮込んだものだ。
ずーっと火にかけてたもんだから、あまりこういう事に慣れてない他のスタッフからはやや冷ややかな目線を浴びてはいたが。

昼間まで作業を手伝い、時間を貰って車で買い出しに出かけ、久しぶりに娑婆に出た雰囲気の面持ちでスーパーに入り、「何でもあるんだな、スーパーって」と改めて感動しながら食材を買い込む。

帰ったらハセヤンは自分が勝手に買い出しに出かけて作業をすっぽかした事にちょっと不満そうだった。
せっかくわざわざ極寒の中、基礎工事を教えてやろうと思っていたからだ、と思う。
まぁ、仕方が無い。黙って厨房に入り、夕食の支度をする。

1380856494593.jpg
鋳鉄製のフライパンを用意する。

1380856495727.jpg
アサリとイカ、真鱈を下処理して…

1380856496479.jpg
パプリカの皮を剥き、

1380856497504.jpg
海老やら豚肉やらを炒め、米と玉葱を炒め、フォンとトマトの角切りを入れ、鱈のぶつ切りやらアサリなどを入れて炊いていく。
厨房の中では出来上がりを待つハセヤンと友人が酒盛りを始めている。


1380856498528.jpg


そして…


1380856499334.jpg

遂に完成した。「俺のパエリャ、カナディアンファームスタイル」
サフラン無し、上火なし、その他色々無し、という条件下の中で、
自分が出来る事の全てを出し切った料理だった。
これはある意味ハセヤンに対する挑戦と、感謝の気持ちを込めて作った作品だった。

1380856499823.jpg

パエリャを食べたハセヤンは自分の手をギュッと握り、
「旨い。ありがとう」
と言ってボロボロッと涙を流した。
自分は驚いた。
今まで自分の料理を食べて感動して泣いてくれた人なんか居なかったからだ。
と、同時に自分もこの五日間の苦労や、寂しさ、楽しさ、緊張感などがほぐれ、充実感と共に
涙が出てきてしまっていた。

そして自分はやっぱり料理が好きで、自分には料理しかないんだ、料理を続けてきて良かった、とつくづく身に染みた。

極寒の八ヶ岳の麓、暖かい丸太小屋の中で、大の男二人が手を握り合いながら泣いていた。

越中谷さんにそれを見られて恥ずかしかったが…f^_^;)

1380856500494.jpg
次の日、カナディアンファームに別れを告げた。
越中谷さんからお土産にパンを頂いた。


1380856501400.jpg
帰る道の遥か向こうに富士山が見えた。懐かしくてたまらない。
家にすっ飛んで帰った。

その夜久しぶりに家族とささやかな夕食を共にした。すき焼きだった。
1380856502031.jpg

こうして僅か五日間のカナディアンファームでの修行が終わった。
で、何か会得出来たかって?

まぁ、自分への五日間の休息になっただろうし、料理への新たな情熱も湧いたと思う。
スモークサーモンの仕込みも見れたし、大工仕事や土方仕事もやった。薪割りもした。ゴミをなるたけ出さないやり方も学べた。
石窯もじっくりと見れたし、満天の星空も見れた。

だけど一番の収穫は

ハセヤン、という師匠となり得る人に又出会えた事だった

なかなか歳をとってしまうと尊敬できる男に出会えない、というか、認められない事が多くなってしまうのだが、
その中で自分はラッキーだったと思う。そして自分も周りから尊敬される男に少しでもなりたいと思う。

その後、自分はカナディアンファームへ行ったか?

その後も季節に応じて足を運んでいる。最初の時みたいに長くは居れないが、GWを利用したり、秋に出かけたりしている。
GWの時は越中谷さんからパンを教わり、ハセヤンから釜場を任せられたりした。もちろんまかないも作った。

そして今回、ハセヤンのスモークサーモンを熱々万歳!でも販売する事になった。

1380856502824.jpg

だから若者よ、カナディアンファームへ行け。お客さんとしてではなく、アルバイト、としてでもなく、
修行としてカナディアンファームへ行きなさい!必ず何か得られるはずだ。

Go!カナディアンファーム‼

1380856503485.jpg

|

« 第三回ごてんバル coming soon! | トップページ | 2014年 新年のご挨拶 »

お世話になった方々」カテゴリの記事

お知らせ」カテゴリの記事

自休自足」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1087813/53486591

この記事へのトラックバック一覧です: Go!カナディアンファーム 最終回 そして新たな出発へ:

« 第三回ごてんバル coming soon! | トップページ | 2014年 新年のご挨拶 »