いろいろなこと

2014年1月 6日 (月)

2014年 新年のご挨拶

1389015587990.jpg


明けましておめでとうございます!

とは言っても今日は6日。多くの会社では初仕事でしょうか…;^_^A

熱々は新年2,3,4日と営業し、5,6,7日とお休みを頂いている最中です。

8日(水)より、通常営業となります!
今年もよろしくお願いします!

1389015590481.jpg 年末のお疲れさん会の一コマ。


さて、元旦には毎年恒例の? 金時山への初日の出。
今年は上の子2人を連れて登りました。
初めての登頂、少し心配でしたが、

1389015592452.jpg
1389015595836.jpg

無事、難なく成功! 自分はヘロヘロ!
例年になく、雪が積もっていて、帰り道が心配でしたが、子供達は楽しかったようです。
しかし寒さと強風で頂上は死にそうでした。

1389015598481.jpg

1389015602782.jpg風でサバイバルポンチョも吹っ飛びます。
1389015606903.jpg 山小屋で味噌汁を頼んで暖をとりました…。

そして今日は大雄山へお参りに。


1389015608715.jpg
1389015612125.jpg
滅多に上がれない本殿でお参りをしました。撮影禁止なので、中のきらびやかな装飾をお見せ出来ないのが残念です。
かなりのパワースポットでした!
調子に乗った僕らは鐘を突き、一番てっぺんにある山堂まで行くことに。

1389015614115.jpg 500段はあるのではないでしょうか…ここは毎回上っては後悔してます…


参道脇のお茶屋で一休み。
甘酒一杯のつもりが、試食用の佃煮をつまむ内に、昼間からカップ酒を飲む羽目に。

1389015616319.jpg
自分は初めてお店にダルマを買いました。まずは小さめの2000円サイズから。;^_^A

1389015618334.jpg ダルマとダルマ。こりゃあ縁起が良いぜ!?

そして近くの温泉施設へ。
1389015620324.jpg
お湯や施設自体は良いのですが、ランチタイムのビュッフェは毎回来る毎に内容がうす〜くなっていますねT^T
残念‼

ゆったりと温泉で過ごし、夜は小田原まで下り、前から行きたかった回転すしの「禅」へ。


1389015624498.jpg 店内撮影禁止です〜T^T

ここは行った人なら分かると思いますが、かなりヤバイお店でした!
すげ〜、とも思ったし、もったいないな〜、とも思いました。
あー、のり巻きの海苔がすごい美味しかった!

自分の店の勉強にもなりました。
いつものおバカ三人組で行ったのも良かったです。
正月休みの楽しい思い出となりました。


続きを読む "2014年 新年のご挨拶"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月31日 (木)

ブログ再開します!

お久しぶりでございます。

長らくブログ書けずにおりました…。

iPadに対応してくれないココログの為に?新しいPCを買ってきました。

予算の都合でウィンドウズになってしまい、ちょっと使いにくいです…

今はこいつで青色申告をせかせかやっております。

新年明けて色々な事がありました。

元旦には5~6年ぶりに金時山へ初日の出を。

Img_3049Img_3040 いつものおバカ三人衆であります。

意気揚々と写真に納まっておりますが、登りはまぁ、なんとか登れましたが、

今回は帰りがやられました。膝がガクガク!

今年は富士山にも家族で行こうと考えているのに、これじゃぁどーする?

今年のGWあたりに、このおバカ三人衆で東北の旅も考えておりますが、

実現するやら…?

今月はいろいろ温泉にも行きました。

南アルプス街道ぞいに(いわゆる52号線上です)結構な温泉がありまして、

最近はそれにはまっております。しかし遠い!

Img_3102Photo




昨年中古で買った愛車白くま号でトコトコ三時間かけて行ってます。

今のところのベストは

西山温泉「蓬莱館」と十谷温泉の「源氏の湯」です。

Photo_2Photo_3

どちらもお湯は本当に良いです。どちらかと言えば僕は蓬莱館の方が、のんびりできて好きです。湯治の趣があります。ちょっと寂れてて怖いけど。


でもだんだん秘湯マニア、混浴マニアになりそうで怖いんだな…

そんな自分が温泉にのんきに行っている間に家では大変なことが。

Photo_4


娘が超~可愛がっていたインコのピーちゃんが居なくなってしまいました!

嫁さんが日光浴に当てようと籠を外に出したら、風で倒れてしまい、逃げてしまったのです。しかも娘が学校に行っている間の出来事!

馬鹿鳥、畜生の事なので帰ってこないかもしれません。それでも娘は泣きながら辺りを探しています。餌をまいてみたり、籠を外に出してヒーターで暖めていたり、学校に尋ね鳥の紙を持っていったり。帰ってくる事を信じている娘が不憫でなりません。

ついこの間、ようやく「くぅ~ちゃん」と娘の名を呼び始めたばかりでした。

今は夜が寒いので南国の鳥にはきつい状況でしょう。

せめてだれか、優しい人の下で飼われていることを願わずにはいられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

NHKがやってきた!

先週の土曜日、熱々苦節17年目にして、初めてTVの取材がありました!

1340168828980.jpg

と、言っても、熱々万歳!を取材しにきたのでは無く、

キャイーンの天野の元友人役で取材に来られたのでありました...(^◇^;)

なんでもNHKの夕方にやっている情報番組の中で「人生 ドラマチック」というコーナーがあり、そこに今回はキャイーンの天野が出演し、下積みの頃から現在までを振り返るという内容なんだそうです。

その下積み時代の話を僕に聞きたい、という経緯でした。今から二十数年前に僕と天野は同じ四畳半のアパートに住んでいたのです。

この手の話題は大抵、彼の相方でもあった藤代に取材が行くのですが、料理の話もあるので、今回は自分に振られた訳です。

僕は最初は生意気にも断ろうとしました。
何故なら、熱々万歳!への取材 ではなく、あくまでも天野の元友人役でという理由だったからです。

貧乏時代に食べたご飯の話をして欲しい、再現して欲しい、とのNHK側のお願いでしたが、食えりゃ良しの頃にそんな思い出深いご飯なんかあるか! と大いに困ってしまいました。

少しづつ記憶を辿っていくと、ある日天野と昼間一緒にご飯を食べた思い出が蘇ってきました。


「おい、飯食ったか?」
「いやまだだ」
「お前の所に米あるか?」
「あるよ」
「じゃ、俺の所にキャベツと卵とコーンビーフがあるから、それでおかず作ってお前の所で飯炊いてたべようぜ」
「おお」


それが思い出といえば思い出です。
一緒に釜の飯を食った思い出です。
その当時はお互い、グルメでも料理好きでもなんでもなかったんです。

取材では卵かけご飯を撮ってもらいました。
一番楽で、一番シンプルで、一番おいしい。
自分たちのスタートはそこからだったと思います。


1340168829785.jpg

藤代に取材を断ろうかと相談したら、「何だってTVに映れば良いじゃん、店の宣伝だと思って。今までロクに宣伝してこなかったんだろ?天野だって芸人なんだから、ちゃんとコメントしてくれるからよ~」
との声に押されました。

1340168830506.jpg

撮影当日の日は、夜に宴会が入っていたので、朝から慌ただしく、撮影用の料理や、夜の仕込みに追われましたが、家族を始め、スタッフや友人も駆けつけてくれ、何とか無事に済みました。取材班の人達も料理を丁寧に撮ってくれました。

様子を見ていた友人がポツリ、

「やっぱ持つべきものは友人だな」

の一言が身にしみました。

今度は、ぜひ熱々万歳!そのものをTVで紹介したい とお願いされるようになりたいですな~。
やっぱ「ザ・プロフェッショナル 仕事の流儀」あたりでしょうかね~?! \(//∇//)\

放送は明日、6月21日 木曜日 夕方5時からだそうです。暇な方は観て笑ってやってくださーい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

新東名で潮干狩り

第三日曜日は熱々お休みであります。
この時位しか子供とゆっくり遊びに行けないので、先日は浜松へ潮干狩りに行くぞ!と急に思い立ったのであります。

おりしも新東名が開通した事ですので、高速料金半額だし、一丁行く事にしました。

この新東名、イマイチ良く分からない。
三ヶ日まで繋がっているとの事ですが、三ヶ日、と言ってもミカンしか思い浮かばない。
じゃ、沼津では下りれるのか、富士は、清水は?と言うと、SAのスマートICで下りれたり、下りれなかったり、ややこしいったらありゃしない。

ちゃんと下調べしないと、とんでもない所で下りなきゃいけないハメになりそうで…怖い。

また潮干狩りに行くにしても潮見表をちゃんと見ておかないと、満潮時に行ってもしょうがないので、チェックが必要です。その日の干潮時刻は11時45分。良いんじゃないの~?

1338297716488.jpg
はーい、新東名でーす。ながーい緩やかなカーブで走り安いでーす。眠気も襲ってきまーす。

1338297717108.jpg
確か…たしか…民主党の政権交代時に第二東名は建設中止になったんぢゃなかったかしら?いつのまにかこんな立派な道路が出来てしまって…!

1338297717706.jpg
沼津のSAで朝食を。ちなみに道路は空いてますが、各SAは朝から激混み!

1338297718062.jpg

1338297718641.jpg
男衆はうどんでーす。うどんが一番安かった…

1338297719176.jpg
女衆はパン。まぁ、予想どおりの味です。
潮干狩りに行くんだったらやっぱ普通の東名で行くのが近いかも。浜北インター?で下りようと思っていたら、三ヶ日まで行って戻る位の方が早いと言われ、そのようにしましたが、

やっぱ浜松遠いわ~。

1338297720041.jpg
12時過ぎに浜松到着。
弁天島近くの公営駐車場に入れようとしたら、
何と、干潮過ぎたからもう留める事が出来ないって!
はるばる御殿場からきたのに!

干潮後二時間位は出来ると思ってましたー!
子供達は泣きそうになってました!

1338297720533.jpg
諦めきれずに近くの私営の渡し場に行ったら、一時間位はOKと言われ、すぐさまそこに決めました。
料金は、大人二名、子供三名+駐車場代で4600円なり~。
買った方が安いんじゃね?

まぁ、これも遊びだからと…(^◇^;)
そして…一時間後。

1338297721016.jpg
まぁ良かったね。子供の満足そうな笑顔が見えただけで結構です。腹減ったけど。

帰りはせっかくだからと、

1338297721546.jpg
うなぎパイ~! 夜のお菓子~!

そして…
1338297721996.jpg
温泉~! あらたまの湯~!
良い湯でした…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

ゴルフの〆はうどん

朝方地震が二回あった。

御殿場は震度4だった。

震源地は忍野の方らしい。
富士山を見たら、ちょっと変な雲が三つ、横に流れていた。

だから、後一回、今日より大きいのが近々来そうな気がしてます。当たらないと良いですね(; ̄ェ ̄)

畑に行った帰りに、子供とパレットゴルフをしてみる。

1327802800911.jpg
一人300円で一日中出来るんだけど…

さ、寒い~‼

1327802801866.jpg
そんな中、6ホール目、Par3の所で太郎に負ける(T ^ T)

昼メシは事もあろうに、朝方地震の震源地、忍野へうどんを食べに行く。

1327802802300.jpg
3,4日降り続いた雪で辺りは銀世界!

1327802802865.jpg
渡辺うどんでーす。

1327802803380.jpg
ご馳走さまでした。


1327802803787.jpg
帰りがけ、女将さんからうどんの切れ端をお土産に頂く。ありがとうございました。
そのうどんは次の日の朝食に。旨かった!


1327802804197.jpg

毎日かあさんより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

いい旅、夢気分

とある日曜日、10名程の席予約を受けた。

その時はてっきり結婚式か何かの二次会あたりだろう、と思っていたが、席に座った1人のお客さんを何気なく見たら、

どえ~‼ キッチュの松尾貴史さんが何気なく座っているじゃあ~りませんか!


1317738760212.jpg


「いらっしゃいませ~ f^_^;)」 と、何くわね顔で応対したが、内心はドキドキ。なんでも「いい旅、夢気分」のロケ隊の食事会で来て頂いたようだ。

ヒューガルデン ホワイトの注文を頂き、松尾さんと、後もう一方に持っていって、ヒョイ、と顔を見たら、

「好きなんだけど~♬」の西郷輝彦さんがお座りになっていらっしゃるじゃないですか! Σ(゚д゚lll)


1317738761568.jpg


それからはもう、完全にブチ切れ戦闘モード突入。

ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘ すみません~

お願いします~ ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

西郷さんは寡黙かつ、和やかに食べ、
松尾さんは陽気に、軽やかに飲んだ。

松尾さんの食通ぶりにはさすが、と思ったが、

何よりも、お二人共、全然偉ぶってない所に驚いた。

自分達にも、丁寧に応対してくれたし、撮影スタッフさん達にも決して威張らず、和気あいあいと歓談していた。

一緒にひとつの作品を作るんだ、という気持ちが感じられた。

そして、西郷さんも、松尾さんも華やかな芸能界ではあるけれど、苦労して今の地位を築いたんだと思った。

会計後、恐る恐る、写真を撮らせて欲しいと頼んだら、快く承諾してもらった。シャッターはなんと、カメラマンさんが押してくれた。すみません、iPhoneで。


1317738761935.jpg

仕事中、レイモンド嬢からメールが来て、

「取材の方がお見えですか?ツイッターでつぶやかれてます」

と、いうので、他のお客さんが投稿でもしたのかな?て思っていたら、ナント、西郷さん本人のツイッターだった。

ありがたい事だ。有名人だから、という事でなく、ウチの事をブログやmixi、ツイッターで取り上げてくれるお客さんがいる事が。

当然、手厳しい意見も中にはあると思う。その全てを見る事は出来ないが、お客さんの視線をビシビシ感じながら仕事できる。

今日も一人のお客さんがウチのブログを見てます、と言って帰っていかれた。ここんとこずーっと更新出来てないのにすみません。m(_ _)m

「良い旅、夢気分」の9月21日放送分を絶対見なきゃ、と思っていたら、

なんだよ~ テレビ東京こっちじゃ見れねーじゃねーか!punch

デシタル化、良いんだか、悪いんだか…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

Day by Day

最近までの出来事をコラージュ風に記してみました…

Img_1428_3

6月8日_。

農園の野菜もすっかり育って畑らしくなってきました…

こども達にも収穫のお手伝いをさせました。

Img_1369_5 Img_1329_5    

普通にラディッシュが出来るなんてちょっと不思議&素敵…。

-------------------------------------------------                                    

Img_1424_3 

6月10日_。

イタリアのトスカーナ地方のパンを作りました。このパンは塩がほとんど入りません。その昔、塩が貴重だったり、またこの地方の料理が塩辛いことから、などの説があるそうです。発酵種法でつくりました。出来上がりは目の詰まった薄味のフランスパンって感じになりました。カナッペに使ったり、タコのトマト煮なんか乗せるのに丁度よいかも。

-------------------------------------------------

Img_1435_2

6月13日_。

古くからの友人でもあり、お馴染さんでもあり、その上ギターの名手、クボケン(42)が今回「自ビール」を作ったとの事で、ぜひウチでも試飲をしたい、とボックビールとピルスナー併せてを40本!近く持ってきたので、早速めぼしい人に声をかけて試飲会。1本の原価は50円位だそう。懐かしい。自分も以前に一生懸命作って失敗したよな~、と思いながら飲む。

Img_1434_2 Img_1432

セレブ人妻達とサム。なかなか無い組み合わせだ。サムは調子にのって馬鹿飲み。「旨い旨い!」って飲みすぎだろー!ボックはバスペールエールをさらにまずくした感じ(失礼!)だったが、これも良し。ガンガン飲んでると、まずさの中から旨さが表れる。開口 健が言ってた「量はある一定を超えると質に転化する」ってこの事か!ピルスナーの方は絶品だった。

「自ビール」、ニュージーランドやアメリカでは熱狂的なファンがいて、ホビーとして市民権を得ている。日本ではアルコールが一定を超えると「後ろ手にお縄」状態になる。クボケンjは言う。「何が入っているか分からない最近のビールより、自分で吟味した材料で、安全でしかも安く作れるんだから」確かにそうだ。いろいろな人がいろいろなビールを作って、皆で楽しむ時代が来たら楽しいのにな!コンペティションとかやって、優勝者にはシーベルに行かせるとか、醸造所めぐりのツアーをプレゼントするとか。そうやって文化の底を上げていくんじゃないのかって!

その後、クボケンは大酔っぱらいになって帰りが大変でした…

あ!そうそう、明天のオーナーさんも来てくれたな。勝呂さん、バーベキュー27日と勘違いしてました!行かなくてすみません!!又一緒に飲みましょう!

-----------------------------------------------

Img_1498

6月14日_。

今日で熱々は15周年。いや~我ながら良く続いているな… 今までやった仕事では一番長くなりました。今日は休日、午前中に畑に行き、その帰りに乙女森林公園を視察。なんでも石窯があるとかで、知り合いの方から「そこの石窯でなにか出来ないか?」と振られ、「じゃ、見に行こう!」と相成ったわけです。

最初、知らずに乙女森林第一キャンプ場に行ってしまい、広い敷地を歩き回って「何もねーじゃん!」って文句を垂れましたが、知らなかった、長尾峠に行く途中にももう一つキャンプ場があったのね!

Img_1334_2 Img_1335_2

第一~の方は何だか終わってるキャンプ場だったが、ここはキレイで、見晴らしも良く、地元人も「ぜひ泊まりたい!」って思ってしまう感じでした…ちなみに月曜は休みでした。自分らは不法侵入者でした。スミマセン…

Img_1340 Img_1332

石窯はどこだ?って探してたら、あった、あった、炊事場の向こうに見えた。う~ん、…ちっちゃいな~。勝手に大きいのを想像していたんで、少しがっかり。シャワールームの真向かいってのもど~よ?

ここの第二キャンプ場は非の打ちどころがない位だけど、第一キャンプ場の方が、自分的にはいろいろ出来そうで好きだな~。明天のオーナーとも少し話したけど、あのまんまじゃ勿体ないよ。市から民間へ移ったそうだけど、いろいろアイデアがあるんで、今度話を聞いてやってくださいな!

-------------------------------------------------

Img_1486

6月16日_。

ライ麦パン、2回目。今回はぶどうとくるみ(前回はいちじくとくるみ)を練りこみました。粉の配分を変えて、国産小麦の「春よ恋」と発酵バターを少し加えました。形も棒状に仕上げて、最終発酵もやや長めにとったら、多少生地がだれたけど、焼いたらそれがかなり良い感じにふくらみました。味も格段に良くなった、と思います。

-------------------------------------------------

Img_1497

6月17日_。

懐かしい友人達が訪れた。以前スタッフとして勤務していて、現在はその語学力を生かして名古屋グランパスで秘書兼雑用をしているミホと、ロレアルジャパンのセバスチャンだ。セバは日本人と結婚して、子供がもう11歳だそうだ。人の子供の成長は早いもんだ。以前に日本に来た時はまだペーペーだったが、今は御殿場工場のボス、らしい。その甘いマスクで昔から女性軍には人気があったが、俺ら男達とはあんまり付き合いがなかったせいか、人気はその前に来ていたパトリックより落ちた。まぁ、でも良いのさ、日本で素敵な伴侶を射止めたんだからな、セバ。あ~パトリックに会いてぇな~。

------------------------------------------------

Img_1502_2

6月19日_。

ワールドカップ 対オランダ戦はゴールデンタイムに放映という事で。熱々でもテレビ観戦しました。告知したおかげか、多くの人に集まって頂きました。この日だけ用にオランダのハイネケンを仕入れ、皆で飲みきっちまいました。

Img_1463 結果はご存じの通り、1-0で惜しくも惨敗。

だけどカメルーン戦よりも選手が動いてて、オランダを押してたよ、あれは。

勝ったらスパークリングで乾杯!する予定でしたので、サムライジャパンも俺達も頑張ったので次こそ勝つぞ!と皆で乾杯しました。

Img_1488 Img_1505

熱々のマスコット的存在のサオリンも店に応援に駆けつけてくれました。Thanks!

今月25日に彼女達主催のイベントがウチの真向かいのカジュアルであるそうです。

特別ゲストにドラム三人のアーティストが参加するらしいです。自分はとんと分からないが、知る人にはスゴイ!らしいですぞ。サブカル?

イベントのテーマは“Feel Free”。感じるのはタダって事か?ぜひ行ってやってくださいな!

-----------------------------------------------------

Img_1487

6月20日_。

父の日 って事でスタッフの真澄からプレゼント、なのは良いが、

「まぁ~いつも ありがとう」って、まぁ、とはなんだ!(○`ε´○)

まぁ貰わないよかましか… ありがとう。(._.)アリガト

Img_1537 Img_1539

Img_1538_2 子供たちからは絵のプエ(レ)ゼント。

それぞれの個性や成長過程が分かってうれしいものです。

仕事から帰ってきて、この絵を見たときに、「あ~俺頑張らなきゃな」って、父親の責任をひしひしと感じたりしちゃって…  肩の荷がよけい重くもなりました…

 

Img_1449_2

おわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

ブログ再開

悪夢の!確定申告も終わり、保育園の理事の仕事もあとは卒園式を残すばかり、今日は商工会主催の料理の講習会に先生として出演?し、店は臨時休業した。

二時間くらい寝て起きたら、家族が夕飯を食べてて、息子が

「パパおはよう。何日寝てた?」

と真顔で言われた。

定休日以外に父親が家にいるって事はこんなに肩身が狭いのかよ!

あ~~~~、それでもなんだかんだで肩の荷が下りてきたよ~~。

新しい住まいにもサムの営業のおかげ?でネットにつなげる事もできたので、今はオレンジティーにミルクを入れた掟破りの紅茶を飲みながら「40歳の童貞男」を流し目しながらブログを書いている最中です。

PCの調子も悪いので、ブログの再開がいつまで続くかギモンだけど、やはり色々発信していかないと… 藤代にぶちのめされそうだし、また天野と御殿場に来襲するようなので、タダで天野を見たい方にここでお知らせしとくつもりです。

最近ハマってるのがi-phone。自分が言うまでもなく、人気の商品だが、やはりダウンロードできるソフトの数が半端なく多い。その中でTVでも紹介されてた「HOUR-FACE」というのを最近ダウンロードして遊んでる。有料だが(230円だったか)、顔を撮るとその写真が勝手に老けてくれるシロモノだ。しかもその老けた顔が動いたり、咳きこんだりするので気持ち悪くもなるのだが。

Ps289047150_2 Ps289060051_2   

Ps289059793

Ps289059892_2 Ps289060158_2

Ps289047180_3

ちなみに女性軍の写真は公開できない… ひどすぎるから…

i-phoneを逆さにすると今度は若返ってくれるのだが、どっちかっていうと整形した顔になるので、ちょっと変顔だ。

これで家族や、スタッフ、友人と誰彼かまわず老けさしまくっている、今日この頃なのだ。

まぁ良いじゃないか、「みんなで歳をとって、写真を撮って~」ってBEGINも歌っているしな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月31日 (水)

年末~そして新年へ その3

沼津の老舗バー「ビクトリー」。県外からもお客さんが訪れるほどの有名店なのだが、僕らはモグリなので全然場所がわからない。自称「バー通」の荒井も分からない。自分は以前に行った事があるのだが思い出せない。これだったら順子によく場所を聞いておくんだった…と後悔しながら寒空の下を歩く。

Dscf2815

酔ってるのと、寒いのとで原始時代に戻った自分はスタッフの川辺に抱きついて暖を取ろうとしてセクハラオヤジをさんざんやった挙句、ようやく荒井が“電話で場所を聞く”という近代化に目覚め、ようやくビクトリーにたどり着いた。

Dscf2817

酔いもすっかり覚めた感があるがそのくらいがちょうど良いだろう。なんたって大人のバーだからね。

Dscf2819 サムもここで合流。はめはずすなよ。

Dscf2822

荒井は一人カウンターに座らせてもらい、オーナー直々に作るマティーニを少年のように目をキラキラさせながら見入っている。ウチの仕事もそれくらいの謙虚さでしておくれ。

Dscf2830 いわずとしれたマティーニ。オリーブが旨いっていったら怒られるか?

Dscf2824 ホーセズネック。レモンがとても綺麗にカットされていてすばらしい。

ビクトリーはつまみも大変おいしかった。お通しも良かったが、注文したイベリコのサラミ、野菜のピクルス、ハギスなど、どれをとっても美味しかった。カクテルはやや強めに作ってあって、1杯でも満足できるように作られているようだった。この隙のない仕事ぶりが名店たる由縁か。

Dscf2834 ソフティケートされたハギス。

その後、スタッフと別れ、自分と達也、サムは順子の実家へ。その前にサムがラーメンを食べたいというので、その辺の朝までやってるラーメン屋さんへ行き、自分は餃子を一皿旨い旨いと言ってたいらげた後、バタンとその場に倒れこみ、30分ほどしたら青い顔をして便所に駆け込んだらしい。自分は全く覚えてないけどね。

翌朝、新年の食材調達のために、年の瀬せまる河岸へ。ごったがえしていた。

Dscf2839 Dscf2840

Dscf2838 Dscf2835

| | コメント (0) | トラックバック (1)

年末~そして新年へ その2

どてかぼちゃである。

Dscf2790

このブログでも以前紹介したが、自分が今の店を出す際に一番お世話になった所だ。マスターからはビールへのこだわり、注ぎ方、グラスへの愛情、経営のあり方などをとことん教わった。よく東京へビールを飲みにも行ったし、一緒にベルギーにまで行ったこともある。

Dscf2810 どてと言ったら樽生だ…

ただ、自分は出来の悪い弟子だったので、マスターの言う事をあまり素直に聞かなかった面もあった。というのも、あまりにも「どてかぼちゃ」の影響が自分には強くかったからだ。それほどこの店が好きだった、というのもあるが、どてかぼちゃ2号店を出すのではなく、自分のお店を出すのだから、どての修行時代後半はけっこうマスターと意見の相違があって、マスターを心配させたと思う。スミマセン o(_ _)oペコッ

そんな事を言ってもちゃっかりと、どてのメニューを頂いたりもして、「カマンベールのあっちっち」なんかはどてから頂いたレシピである。しかし案の定、店を開店させると、どての影響が強く残り、「どてではこうだった、ああだった」という考えが強く出すぎて結構自分の首をしめていたことがある。結局自分らしさを出せるようになるまで3年は優にかかった。

Dscf2800 Dscf2801

ときたま、どてを知ってるお客さんが来て、「これってどてかぼちゃのメニューじゃない?」と聞かれるが、昔はそれが嫌味に聞こえていたが、現在では素直に「ああ、そうですよ~」とさらりと受け流せるようになった。自分の歩いてきた道じゃわい!

Dscf2806 Dscf2803

自分が修行していた頃、マスターは42歳だったと思う。現在、自分がその頃のマスターの年齢に近くなった。その間マスターのお父さんも亡くなり、マスター自身も病気で入院した。今回どうしてもスタッフにどてかぼちゃを見てもらいたくて連れていった。

Dscf2812 大石さん…寝るなよ

久しぶりにどてのお酒と料理を味わったわけだが、自分は完全にどての呪縛?から離れられた、と感じた。良くも悪くも独り立ちをした訳だ。まぁ10何年もやってれば当り前か。お店が忙しくてマスターとは話がロクにできなかったのが残念だ。また行きます。

Dscf2814 夜のとばりを歩く。

沼津まで戻り、次の店「ビクトリー」を探す。 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧